最近の記事

2020年07月06日

読書録「バカとテストと召喚獣5」

読書録「バカとテストと召喚獣5」3

著者 井上堅二
イラスト 葉賀ユイ
出版 ファミ通文庫

p293より引用
“ また難しい言い方を……。要するに、結
果を出そうと努力するのはいいことだけど、
努力したから結果が出なくてもいいんだ、っ
て自分から言い出すのは間違いだってことで
しょ?”

 成績で待遇がはっきりと分かれる学園を舞
台とした、青春ファンタジーライトノベル。
 クラスメイトの坂本雄二に負けたゲームの
再戦に向け、一人特訓に勤しむ主人公・明久。
良いところで呼び鈴が鳴らされて…。

 上記の引用は、テストの結果に対する姉の
台詞をかみ砕いた主人公の胸の内。
どのような結果が出ても、それを受け入れる
しかないのが現実ですね。ただ、出た結果も
次への過程でしかないので、より良くなるよ
うに行動し続けるようにありたいものです。
もし、本当に結果が全てというのであれば、
今ある物事の中には成立しないこともあるよ
うな気がしますし。
 主人公の姉登場。何をしているのかいまい
ちわかりませんが、優秀な人物のようです。
見落としているかもしれませんが。
これからも出番が増えそうなキャラクターで、
年上需要にも対応ということでしょうか。

ーーーーー

posted by 出雲一寸 at 18:09| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする