最近の記事

2020年02月18日

読書録「イラストでわかる日本の仏さま」ほか

読書録「イラストでわかる日本の仏さま」4

著者 日本の仏研究会
出版 中経の文庫

p15より引用
“ 日本には昔から八百万のさまざまな神が
いました。日本に仏教が伝来したとき反発も
ありましたが、日本の神と同様に仏は信仰さ
れるようになり、神仏習合が進んでいきます。
そして、日本の神は仏教の仏の仮のすがたで
ある、という本地垂迹思想が生まれました。
 垂迹部の神とは、神道と仏教が融合した賜
物といえます。”

目次より抜粋引用
“仏の基礎知識
 如来
 菩薩
 明王
 羅漢・祖師”

 仏や仏像に強く魅了されているイラストレー
ターとライター二人組みによる、日本に深く
根付く仏さまについて記した一冊。
 基礎知識から各仏や仏教の偉人まで、オー
ルカラーイラストで解説されています。

 上記の引用は、仏の世界について解説され
ている項での一節。
昔からあるものと新しいものが上手く交ざり
合い、伝わり続けているのは、平和的でいい
ことなのではないでしょうか。廃仏毀釈とか
もあったようですが、またよい関係に今現在
戻れているのなら、これからも良い関係であ
り続けてほしいものです。
 カラーイラストで大勢の仏さまを見ている
と、随分と先進的でファッショナブル。イラ
ストの雰囲気が柔らかで、穏やかな気持ちで
見ることが出来る、気がします。

ーーーーー

読書録「前向き力」3

著者 齋藤孝
出版 筑摩書房

p78より引用
“ たとえば原稿用紙を前にした時、いい文
章を書こうとすると、一行目が書けない。私
自身、かつて丸一日、机の前でうんうん脂汗
を流して、原稿用紙一枚も書けなかったこと
がある。”

目次より抜粋引用
“前向き力をつけるものの考え方
 前向き力をつける仕事のやり方
 落ち込んだ時の脱出法”

 教育学を専攻とする大学教授による、気持
ちを良い方向へと動かすコツを記した一冊。
同社刊行作「脱力系!前向き思考法」改題文庫
版。
 ものの考え方から体の整え方まで、すぐに
でも実行できるであろうやり方が書かれてい
ます。

 上記の引用は、一歩目を踏み出すことにつ
いて書かれた項での一節。
著者程数多くの著作を持つ方でも、書けない
ことがあるものなのですね。数多く書いてい
るからこそ、そういう事態に陥ることもある
ともいえるのかもしれませんが。
 同著者の他作品で書かれている方法が紹介
されていますので、より詳しいやり方を身に
付けたい方は、そちらをあたってみるのもい
いのではないでしょうか。

ーーーーー

読書録「教科書から消えた名作」3

著者 村上護
出版 小学館

p27より引用
“「死ハ一切ヲ打チ切ル重大事件ナリ 奈何
ナル官権威力ト雖モ此ニ反抗スル事ヲ得ズト
信ズ 余ハ石見人森林太郎トシテ死セント欲
ス」
 虚飾を捨てさり裸の人間として死にたいと
いう覚悟だ。見事な最後の決め方である。”

目次より抜粋引用
“中学教科書に関係する名作
 高校教科書に関係する名作
 小学教科書に関係する名作”

 長年新聞に連載を持つ著者による、教育制
度の変化で見かけなくなった文学作品につい
てまとめた一冊。
 小学校から高校まで、日本の近現代文学作
品を大まかに解説されています。

 上記の引用は、森鴎外の遺言の一部。
本人が死んだあとどのように扱われるかは、
家族や近しい人にお任せする以外にないので
はないでしょうか。もう自分で動くことは出
来ないのですから。
 作品を読みたい人のために、出版されてい
る文庫が記されていて便利そうです。今なら
文学作品や古典なら、青空文庫でもよめるの
ではないでしょうか。

ーーーーー

posted by 出雲一寸 at 13:30| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする