最近の記事

2020年02月15日

読書録「人類を変えた科学の大発見」

読書録「人類を変えた科学の大発見」4

著者 小谷太郎
出版 中経の文庫

p223より引用
“ 発明者にノーベル賞までもたらしたロボ
トミーは、時代が変わって全く逆の評価を得
ることになりました。私たちがいま疑問を抱
くこともなく利用している科学技術や知識だっ
て、次の世代には恐怖と非難の対象となるか
もしれません。”

目次より抜粋引用
“物理分野の人類を変えた重要な発見
 生物分野の人類を変えた重要な発見
 化学・元素分野の人類を変えた重要な発見
 天文・宇宙物理分野の人類を変えた重要な
発見
 医学分野の人類を変えた重要な発見”

 理学博士でNASAへの勤務経験もある著者に
よる、人間の生き方や在り方に多大な影響を
与えた発見を紹介する一冊。
 ガリレオによる科学の夜明けから今なお研
究が続けられる先端科学まで、恩恵を受けて
いない人は無いであろう先人たちの足跡が記
されています。

 上記の引用は、本書のまとめとなる一節。
今日正しいことが、明日正しいとは限らない、
などといわれると不安になってしまいます。
しかし、そんな目に見えない先が解らないよ
うな研究の積み重ねが、今日を築いているの
でしょう。見えない道を手探りで歩み続けて
くれた、先人たちに感謝です。
 理系の進学を考える若い人たちが、どの道
に進もうかと思っているときなどに、大まか
に調べるのに良さそうな一冊です。私にはちょ
うどいい感じでしたが、ある程度専門知識を
持っている人には、少し物足りないのではな
いかと思われます。

ーーーーー

posted by 出雲一寸 at 14:26| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする