最近の記事

2019年12月30日

読書録「だまし食材天国」

読書録「だまし食材天国」3

著者 武井義男
出版 日経ビジネス文庫

p160より引用
“ そこでまず語源を調べてみた。これは百
家争鳴、いろんな学者がいろんなことを言っ
て、いろいろな字引にもさまざまに書いてあ
るが、なかには素人の私が見てもバカらしい
ものがあり、結局は「諸説」があるってなこ
とになって、結論はない。”

目次より抜粋引用
“食材のだましを誘発する法律の「穴」
 学者がだましをバックアップ?
 「無添加食品」と呼ばれるもののだまし
 食材肉の色とだまし
 「有機」野菜にだまされるな”

 医師で文筆家である著者による、世の中の
食材にまつわるごまかしについて記した一冊。
 食品・食材に関する法の抜け穴についてか
ら身近でだまされやすい食材についてまで、
海外に在住し外からみた故郷のおかしさを訴
えられています。

 上記の引用は、サケとマスの分類について
書かれた項での一節。
学問の世界だけでなく、思っている以上に世
の中はいいかげんなのかもしれないと、気持
ちを改めてしまいそうです。
 分類やブランドについてだましやごまかし
が横行するのは、人よりもいいものを食べて
いるという優越感を満たしたい人の欲に、付
け込まれているような気がします。無駄な見
栄を張らない方が、だまされる機会は減るの
ではないでしょうか。

ーーーーー

posted by 出雲一寸 at 16:08| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする