最近の記事

2019年10月06日

読書録「変な古代生物」

読書録「変な古代生物」3

著者 北園大園
出版 彩図社

p102より引用
“ ところで、シネミス・ガメラというその
名から、「ははーん。さては、このカメがガ
メラのモデルなんだな」と思われた読者もい
るのではないだろうか。
 しかしそれは違う。逆なのだ。
「シネミス・ガメラ」という学名は、カナダ
の古生物学者が、あの大怪獣ガメラから頂戴
したものなのである。このカメの風貌は、学
者にさえも「飛びそうだなあ」と思わせるに
足るものだったのだろう。”

目次より抜粋引用
“古生代の生物
 中生代の生物
 新生代の生物
 生きた化石”

 兼業ライターである著者による、珍妙な形
をした古代生物を紹介する一冊。同社刊行作、
加筆修正再編集文庫版。
 化石でしか見ることのできないものから現
在もその辺にあるものまで、お笑い満載の文
章で解説されています。

 上記の引用は、翼が生えたような古代のカ
メについて書かれた項での一節。
発見されたのは比較的近年なのでしょうか、
見た目の形から新しい方のガメラの気がしま
す。昔のガメラって、くるくる回りながら飛
んでましたよね?
 個性が爆発した形態の生物が次々紹介され
ていて、所見だと思わず声を出して笑ってし
まうかもしれませんので、人の多い場所では
読まない方がいいかもしれません。

ーーーーー

posted by 出雲一寸 at 19:18| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする