最近の記事

2019年07月28日

読書録「成功マインドのつくり方」ほか

読書録「成功マインドのつくり方」3

著者 ノア・セント・ジョン
訳  本田直之
出版 三笠書房

p173より引用
“ どんな聖人君子にも、他人の感じ方を変
えることはできないのです。
 それよりも、あなたが今、何ができるかを
考えてみてください。”

目次より抜粋引用
“1日3分でできる「心の持ち方」を変える法
 あなたを成長させてくれる「マインドの高
い人々」
 人生、仕事、世の中の「しくみ」を知る!
 心と体のエネルギーを充満させる習慣
 人間関係のストレスを減らす「シンプルな
考え方」”

 幅広い層の顧客を持つビジネス指導者によ
る、物事が成功するように行動するための、
気持ちの持ち方や使い方を記した一冊。
同社刊行「「デキる人」の脳」改題文庫版。
 心のブレーキのはずし方から行動力の発揮
についてまで、細かな段階に分けて書かれて
います。

 上記の引用は、今できることに集中するこ
との重要性について書かれた項での一節。
思い通りにならないことにやきもきするより、
思い通りに動く自分を全力で使うのが良いよ
うです。
ただ、人を当てにせず、全て自分でしてしま
おうとならないようにしないと、壊れてしま
いそうですね。人に任せることについても書
かれているので、そちらも参考になるのでは
ないでしょうか。
 実践して結果が出るかは分かりませんが、
ためしてみても大損するようなことは書かれ
ていないと思います。少しでも自分を変えよ
うとするなら、気楽な気持ちで読んでみてい
い一冊ではないでしょうか。
要点は章末にまとめられているので、そこだ
け拾い読みすれば、時間もかかりません。

ーーーーー

読書録「皇帝ネロの密使(上)」3

著者 ジェームズ・ベッカー
訳 荻野融
出版 竹書房文庫

p19より引用
“ 現在でいうバチカンの丘にあったネロの
庭園は、彼がローマの第一の敵と見なしてい
た初期キリスト教に対して残虐行為を行うた
めのお気に入りの場所だった。”

 ヨーロッパを舞台に、古代に残された謎の
言葉をめぐり繰り広げられる、アクションサ
スペンスミステリ長編小説。
 紀元一世紀、ローマ兵が手慣れた様子で磔
刑を執り行っている。刑の執行を見届けた将
軍が、天幕の前に戻ったところ、百人隊長か
ら新たなる報告が入った…。

 上記の引用は、紀元67年ごろのローマの様
子を描いた一節。
このような因縁のある場所が、現在のカソリッ
クの総本山となっているのは、なんとも複雑
な事です。亡くなった多くの教徒を弔うため
なのかもしれませんが。
 ヨーロッパという、国境が地続きである場
所ならではの描写が、日本を舞台にした小説
とは一味違って、スケールの大きさを感じま
す。
 古代ローマ、キリスト教の歴史に詳しけれ
ば、より面白さを感じることが出来そうな作
品です。

ーーーーー

読書録「皇帝ネロの密使(下)」3

著者 ジェームズ・ベッカー
訳  荻野融
出版 竹書房文庫

p150より引用
“「ずいぶん悪賢い方法があるのよ。かつて、
いくつかの犯罪、特に反逆行為や魔術は、死
刑だけでは足りずもっと厳しい罰を科された。
ある人が有罪と決まったら、その財産はすべ
て王が取り上げることができた。だから、死
体を掘り出して、新しい服を着せて、法廷に
座らせて、そうした罪で裁判をする。単に君
主が彼らの土地が欲しいだけのためにね。当
然だけど、被告はしゃべらないんだから弁明
できない。ということは、判決は最初から決
まったものになるわよね。実際こういう記録
がかなりあるのよ」”

  ヨーロッパを舞台に、古代に残された謎
の言葉をめぐり繰り広げられる、アクション
サスペンスミステリ長編小説。
 主人公・クリス・ブロンソンの元妻・アン
ジェラから連絡を受け、さらにその日に起き
たおかしな出来事から身の危険を感じた、ア
ンジェラの同僚・ジェレミー・ゴールドマン。
不安に駆られて慌てて歩道から飛び出し…。

 上記の引用は、古代ローマでの合法的強奪
についての主人公・クリスの元妻の台詞。
なんとも悪辣な事です。暗殺されたりする人
が多かったのは、こんなことをしていたから
なのでしょう。生まれたのが今の時代で本当
に良かったと思わせる話です。
 謎解きの部分が少々長く感じられました。
キリスト教に対する知識が深ければ、より面
白い作品なのではないでしょうか。

ーーーーー

posted by 出雲一寸 at 18:09| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする