最近の記事

2019年07月27日

読書録「オーダーは探偵に 謎解き薫る喫茶店」ほか

読書録「オーダーは探偵に 謎解き薫る喫茶
店」3

著者 近江泉美
出版 メディアワークス文庫

p154より引用
“「店長が作るトーストセットなんて怖くて
頼めないわよ!食事がしたいなら他の店員さん
がいる時か、別の店に行く。それがこの店の
鉄則でしょ」”

目次より抜粋引用
“ホットミルク
 コーヒーシュガー
 トーストセット(卵は目玉焼き、スクラン
ブルエッグ、ゆで卵、各種選べます)
 キャラメルコーヒー”

 就職活動中の女子大生を主人公とした、短
編連作日常系ミステリ。
 リクルートスーツに身を包み、走りゆくバ
スを追いかける、主人公・小野寺美久。しか
し人の足で車に追いつけるわけもなく、体調
も悪化し、休もうと脇道へ足を向けたが…。

 上記の引用は、主人公・美久が諸事情でバ
イトすることとなった喫茶店の常連客の台詞。
店長しか居ない時に初めて入って食事を頼ん
でしまった客は、いったいどうしたらいいの
でしょうか。客のあたりが悪かったら、店の
存続の危機に陥りそうです。
 もう一人の主人公・上倉悠貴の口の悪さが
実に辛辣、現実にこんな人がいたらトラブル
が絶えないのではないでしょうか。
 比較的平和な日常の問題を解決する話で、
穏やかな作品です。

ーーーーー

読書録「オーダーは探偵に 砂糖とミルクと
スプーン一杯の謎解きを」3

著者 近江泉美
出版 メディアワークス文庫

p75より引用
“「それでいいんだ。幸福が人を満たすとは
限らない。辛すぎて幸せを受け取れない事だっ
てある。だから時々涙も必要なんだ。泣きた
ければ泣いていいし、嫌な事があったらふて
くされていい。それで幸せを受け取る元気が
出てきたら、またおいしいものを食べて頑張
ればいい。喫茶店は人を幸せにしないよ。だ
けど、その人と泣いて笑って、一緒に幸せに
なるんだ」”

目次より抜粋引用
“レモンティー
 フレンチトースト
 炭酸水/ソーダ
 炭酸水/サイダー”

 就職活動中の女子大生を主人公とした、短
編連作日常系ミステリ。シリーズ第二弾。
 倒れたところを助けられた縁とその後の事
情で、喫茶店「珈琲エメラルド」でバイトを
始めた主人公・美久。仕事も気に入り、何時
ものように少し早く出勤して開店準備を始め
たところ…。

 上記の引用は、喫茶店「珈琲エメラルド」
の店長の台詞。
雰囲気が良くて、自分の気持ちに寄り添って
くれるようなお店は、貴重な存在なのではな
いでしょうか。生活範囲内にこんな店がある
と、日々の生活も彩り深くなりそうですね。
そういう店を目指しているから、店長の料理
の腕が壊滅的でも、常連客が出来てお店が続
くのでしょう。
 主人公・美久の状況に変化が生じる巻、彼
女の進む道は果たして…。
もう一人の主人公・悠貴の気持ちにも変化の
兆しが見られます。

ーーーーー

posted by 出雲一寸 at 14:43| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする