最近の記事

2019年06月08日

読書録「オイドル絵っせい人生、90歳からおもしろい!」

読書録「オイドル絵っせい
人生、90歳からおもしろい!」5

著者 やなせたかし
出版 新潮社

p198より引用
“ 手塚治虫記念館も長谷川町子美術館も石
ノ森章太郎記念館もすべて故人になってから
である。ぼくは生命あるうちに故郷に建てる
ことができた。これはファインアートの画家
であっても稀有のことで、望んでもできるこ
とではない。”

目次より抜粋引用
“ピンピンコロリにあこがれて
 老眼可憐のオイドル爺
 見上げてごらんYanase星
 ちいさな親切三角折り
 やなせ小公園育ちの野生の柚子”

 アンパンマンの生みの親である著者による、
故郷の地方新聞に連載されたエッセイを選ん
でまとめた一冊。過去他社刊行作文庫版。
 闘病生活についてからアンパンマンの声
役・戸田恵子さんについてまで、暗くなりそ
うな話題ですら明るく楽しくイラスト入りで
描かれています。

 上記の引用は、アンパンマンミュージアム
創立十周年に触れた話での一節。
生きている間に評価された上に、ミュージア
ムも建っているというのは、漫画家冥利につ
きておられたのではないかと思います。
しかし、こういう美術館などは、作家が存命
中に早めに作るほうが、展示する作品が増え
続けていいのではないでしょうか。どれ程
ファンが望んでも、お亡くなりになられた作
家の作品は増えないのですから。
 著者は、作詞・作曲、キャラクターデザイ
ンからミュージカルと、極めて多方面に活躍
されていたことが記されています。エッセイ
ストとしても、読んでいて楽しい気分になれ
る文章が、とても気持ちいい作家の一人では
ないでしょうか。

ーーーーー

posted by 出雲一寸 at 12:40| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする