最近の記事

2019年03月03日

読書録「イタリア謎だらけ」ほか

読書録「イタリア謎だらけ」2

著者 タカコ・半沢・メロジー
出版 中央公論新社

p110より引用
“ーAlla lunga anche i santi
perdono la pazienza.(長すぎると、聖人た
ちも我慢ができなくなる=堪忍袋の緒が切れ
る)”

目次から抜粋引用
“家族 famiglia
 食生活 prepria alimentazione
 ファッションと美容 mode a cura
estetica
 政治・経済 politica・economia
 習慣と「今どき」の状況 aditudine e
stato attuale”

 イタリア在住のフリーライターである著者
による、現代イタリアの問題点を、イタリア
の格言・諺を引き合いに出して解説した一冊。
 家族の問題から政治問題についてまで、現
地在住による実体験を元に解説されています。

 上記の引用は、執筆当時のイタリアのイン
フレについて触れた項での一節。
諺は世界中にあって、言い回しは違っていて
も同じような意味のものが存在していると、
外山滋比古氏の著作でも書かれていました。
しかし、格言・諺にはお国柄が出るもののよ
うです。その内容があまりにも自分たちの合
わない国とは、お付き合いの仕方をよくよく
考えたほうがいいかもしれません。
 どんな国でも、万事うまく行っている事な
ど無いようです。2000年代初頭の状況なので、
現在では変化していることも多いでしょう。
EUも今後どうなるか分からなくなって来てい
ますし。

ーーーーー

読書録「ワラをつかむ男」4

著者 土屋賢二
出版 文藝春秋

p53より引用
“ わたしはなぜ一分一秒でも早くニュース
を知りたがるのだろうか。早く知っても、わ
たしにできるのは一喜一憂することぐらいだ。
寿命が限られているから早く知りたいのかも
知れないが、余命あと半年と言われたら、野
球の結果や政治の動きなどどうでもよくなる
のではないかと思う。”

目次から抜粋引用
“ダイエット理論の問題点
 もしこんな偏向報道があったら
 達観のいろいろ
 本を出す理由
 紳士の言い逃れ”

 大学教授で哲学者である著者による、日々
の出来事を斜めから見たようなエッセイ集。
 ダイエットについてから携帯電話について
まで、ユーモアと皮肉に満ち満ちた文章で綴
られています。

 上記の引用は、携帯でニュースをチェック
する著者が抱いた疑問についての一節。
手元にスマホがあると、ついつい何の気なし
に触ってしまいがちです。大事な仕事をする
ときなどは、スマホなどは遠ざけておくのが
いいかも知れません。本当は興味のないこと
でも、すぐ目につくところに情報が出てくる
と、神経を使ってしまうようですから。
 著者は定年で、神戸に移り住まわれている
ようです。どのような土地に行かれても、本
人が面白い人物であるがゆえに、楽しく日々
を過ごされているようです。今後共末永く、
楽しい著作をお待ちしています。

ーーーーー

読書録「マイブームの魂」3

著者 みうらじゅん
出版 角川書店

p8より引用
“ しかし、この解説は重要なポイントを一
つ欠いている。それは、“自分の中の流行”
を世に向けて発信、ともすればマイブームが
本当の大ブームに変わっていくように“努
力”することである。たとえ人様に笑われよ
うと、キープ・オン・ロケンロール!!“邁
進”しなくてはならない。それを仕事にして
いる人を、ボクはマイブーマーと呼ぶわけ
だ。”

目次から抜粋引用
“てる子、ゆう子、チヨ、チヨ
 一連の奥村チヨブームを振り返る
 マイベスト仏像!
 二〇〇一年仏像の旅
 ずーっとディランを聴いてきた”

 マルチクリエイターである著者による、そ
の時の著者の興味のまま、多方面に書いた原
稿をまとめた一冊。過去他社刊行、改定・増
補文庫版。
 歌手・奥村チヨへの熱い想いからボブ・
ディランへの深い愛まで、元祖マイブーマー
の面目躍如と思わせる、好きなことに対する
情熱が記されています。
 
 上記の引用は、まえがきに当たるであろう
“「マイブーム」宣言”の中での一節。
「現代用語の基礎知識」の解説への指摘。
マイブームという言葉を新しく造られた人の
言葉なので、これが何より正しい説明でしょ
う。ネットの普及のおかげで、よりそうなり
やすくなっているのでしょうが、個人の趣味
嗜好でしかない事でも、世に発信すれば本当
に流行になる、面白い世の中です。
ただ、流行の捏造も昔よりやりやすくなって
いるでしょうから、しっかりと自分で調べて
いきたいものです。検証の調べ物がやりやす
いのも、ネット普及のいいところですね。

ーーーーー

posted by 出雲一寸 at 12:43| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする