最近の記事

2018年09月14日

読書録「そらのおとしもの7」ほか

読書録「そらのおとしもの7」3

著者 水無月すう
出版 角川書店

p18より引用
“ええ若い女が白昼堂々公衆の面前で自ら半
裸の姿になる!!
それがプール!!
そこにきて女体を堪能せずして
一体何をするというんじゃーいっ!!!”

目次から抜粋引用
“水泳!!
 生存!!
 混沌!!
 人形!!
 かしこい子せんしゅけん”

 片田舎のごく普通の高校生を主人公とした、
SFファンタジー漫画。
 夏、いつものメンバーで街のレジャープー
ルに遊びに来た主人公たち。数多くの水着の
女性をまえにして、スケベな智樹はいつも以
上に盛り上がる…。

 上記の引用は、レジャープールでの智樹の
台詞。
改めて考えると、異常な空間な気がします。
自分が望む相手にだけ見てほしいのなら、自
宅で水着になればいいのですから。
 新たなエンジェロイド出現で、智樹の周り
のイカロスたちに危機が。智樹の夢にも新た
な人物が現れ…。非常にあとを引く形で次巻
に続きます。

ーーーーー

読書録「そらのおとしもの8」3

著者 水無月すう
出版 角川書店

p97より引用
“今回はとにかくすみません
作者”

目次から抜粋引用
“帰宅!!
 手紙!!
 浄化!!
 入部!!
 えろほんはきちんとべっどのしたに イカ
ロスへん”

 片田舎のごく普通の高校生を主人公とした、
SFファンタジー漫画。
 イカロスたちを破壊するために現れた、第
2世代エンジェロイド・カオス。行動不能に
なったイカロスを助けるため、アストレアは
自らの意思でマスターとのつながりを断ち
切った…。

 上記の引用は、智樹が女子トイレに潜入す
る話での作者と編集からのメッセージ。
謝らなければならないような話を、雑誌に掲
載するなよと思うのですが(笑)。シリアスな
話が続いて疲れたのかもしれません。
 全巻からのシリアス続きの反動か、日常の
エロ風景がほとんどの巻となっています。
気楽な息抜きにいい一冊。

ーーーーー

読書録「そらのおとしもの9」3

著者 水無月すう
出版 角川書店

p33より引用
“なんか… ロマンチックじゃないですか…

さっき部長さんが言ってたように
この秘境なんて探し尽くされた世界に新大陸
があるなんて……”

 片田舎のごく普通の高校生を主人公とした、
SFファンタジー漫画。
 めでたく新入部員が入り、部員増で生徒会
予算からより多くの部費が下りることになっ
た、新大陸発見部。しかし、幽霊部員による
不正防止のため、ともきは毎日部活に出なけ
ればならなくなり…。

 上記の引用は、新大陸発見部の新入部員の
台詞。
新しいロマンは、今はもう宇宙に求めるしか
ないのが現実でしょうか。ただ、自分の体一
つ思い通りにならないことも、多々あります
が。私が生きている間には、他の惑星への移
住は無理そうですね。
 智樹が青春真っ只中な巻、しかしそれも長
続きせず、さらに事態は大きく展開します。

ーーーーー

読書録「そらのおとしもの10」3

著者 水無月すう
出版 角川書店

p139より引用
“金がなけりゃ夏休みってヒマだよな〜…
誰か…遊びに誘いに来てくんねえかな〜…”

目次から抜粋引用
“葛藤!!
 退部!!
 遂行!!
 合体!!
 おっぱいマウスパッドとボク〜さくらいと
もきへん〜”

 片田舎のごく普通の高校生を主人公とした、
SFファンタジー漫画。
 自分のことを好きだと言ってくれた女の子
に、目の前で死なれた智樹。しかし彼女は現
実ではなく、智樹たちの記憶からも消えてし
まい…。

 上記の引用は、夏休みのアニメ特集を見な
がらヒマしている智樹の台詞。
金と次巻を同時に手に入れるのは、大人に
なってもなかなか難しいことではないでしょ
うか。
 自分の周りに非現実があることに気付いて
も、いつもと変わらないように過ごす主人
公・智樹は、じつは大物なのかもしれません。
 五月田根会長大暴れな巻、ファンにはたま
らないでしょう。

ーーーーー

読書録「そらのおとしもの11」3

著者 水無月すう
出版 角川書店

p160より引用
“そう…愛とは一方的にイタダくものじゃな
い…
愛とは与え合うもの…だから…!!
俺からも…与えねば…!!”

目次から抜粋引用
“分裂!!
 文化!!
 自由!!
 愛情!!
 えろほんはきちんとべっどのしたに かん
けつへん”

 片田舎のごく普通の高校生を主人公とした、
SFファンタジー漫画。
 いつものようにエロ本を満喫していた智樹、
そこにいつものように幼馴染のそはらが現れ
チョップを食らったのだが…。

 上記の引用は、女子更衣室に堂々と入り全
裸になった智樹の心の声。
台詞はかっこいいのですが、やってることと
絵面がひどい…。
 以前登場したカオスが再び、今度は智樹と
接触します。日常のドタバタで、文化祭につ
いて描かれています。漫画ならではの年を取
らない世界のようです。

ーーーーー

読書録「そらのおとしもの12」3

著者 水無月すう
出版 角川書店

p97より引用
“「諸国漫遊の旅に行く」って出てったきり
……”

目次から抜粋引用
“家路!!
 捨犬!!
 桜井!!
 測定!!”

 片田舎のごく普通の高校生を主人公とした、
SFファンタジー漫画。
 シナプスに帰ろうとしたエンジェロイド・
カオス、そんな彼女に対して砲撃が放たれ直
撃してしまう。彼女に対して投げかけられた
マスターの言葉は、カオスが予想だにしな
かったものだった…。

 上記の引用は、主人公・智樹の両親に対す
る台詞。
ここで初めて、智樹の親について書かれてい
ます。遅すぎないですかね?この後めでたく
両親も登場します。
 全体的に見てひでえ巻。

ーーーーー

posted by 出雲一寸 at 14:10| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする