最近の記事

2018年07月02日

読書録「神さまの言うとおり」ほか

読書録「神さまの言うとおり1」3

原作 金城宗幸
漫画 藤村緋二
出版 講談社

p68より引用
“自らの人生を
“退屈”と感じるようになっていた。”

目次から抜粋引用
“勇気
 はじまりはじまり
 証
 かいーの
 まだ誰も知らない”

 生きることに退屈していた高校生を主人公
とした、理不尽ミステリー漫画。
 何時も通りの学校生活、退屈さを感じなが
らも平穏に過ぎて行く筈だった…。

 上記の引用は、主人公の胸の内。
毎日を退屈に思っていられる時が、一番幸せ
なのかもしれません。
 第一話からクライマックス、人に不幸が訪
れるときというのは、唐突なものなのかもし
れませんが、それにしても限度があります。
フィクションだからこの作品くらいインパク
トのある始まりで、丁度いいのでしょうが。

ーーーーー

読書録「神さまの言うとおり2」3

原作 金城宗幸
漫画 藤村緋二
出版 講談社

p10より引用
“多分どの国もこの事態についてこれてない
だから俺たちから情報を聞き出すのが
一番なんだよ”

目次から抜粋引用
“こばやし
 そして決戦の暗闇へ
 違う、そうじゃない
 7000”

 生きることに退屈していた高校生を主人公
とした、理不尽ミステリー漫画。
 学校で起こった訳のわからない大量死事件
を生き残り、病院に収容された主人公・瞬。
日本だけでなく、世界中で起こった異常事態
に、世の中は揺れていた…。

 上記の引用は、生き残りの内の一人の台詞。
誰一人として正確な情報を知らないのに、勝
手な事を言って自分の都合のいいように状況
を利用しようとする人がいるようですね。
 一巻同様、ポンポンと人が死にます。しか
し、死に方があっさりとしているので、残酷
な感じはあまりしません。何というか、B級
ホラー映画における大勢の人死にといった味
わいでしょうか。

ーーーーー

読書録「神さまの言うとおり3」3

原作 金城宗幸
漫画 藤村緋二
出版 講談社

p125より引用
“死んだら死んだ時だ
俺らはそーやって生きてきたんだろが”

目次から抜粋引用
“SHOW TIME
 キタコレ
 We are the champions!
 『う』”

 生きることに退屈していた高校生を主人公
とした、理不尽ミステリー漫画。
 保護された病院でも始まった、命がけの遊
び。かごめかごめや縄跳びをなんとかクリア
し、生き残ったその先で待っていたのは…。

 上記の引用は、相手チームの強敵との対決
を控えての、主人公側の一人の台詞。
毎日いろんな事で悩んでいても、こういう気
持ちを持ってれば、何とか過ごせそうです。
 この巻の結末は、この世の真理かもしれま
せんが、身も蓋もないですね。お祈りでもす
るしか無いのかもしれません。

ーーーーー

読書録「神さまの言うとおり4」3

原作 金城宗幸
漫画 藤村緋二
出版 講談社

p37より引用
“命なんていつまであるかわかんないんだから…
人生やったもん勝ちです
あの戦いで皆が教えてくれた事ですよ”

目次から抜粋引用
“マタ逢ウ日マデ
 神小路かみまろ
 自由上等
 告白”

 生きることに退屈していた高校生を主人公
とした、理不尽ミステリー漫画。
 戦いを生き残り、世間では神の子などと呼
ばれる事となった主人公たち。しかし家族と
の関係も変化してしまい…。

 上記の引用は、一緒に戦いを生き残った仲
間の台詞。
やったもん勝ちだと好き放題していられるの
は、自分のやるべきことを知らない誰かに押
し付けている可能性があるのではないでしょ
うか。そういう事に気がつく人は、気に病ん
でしまいそうですが。
 ニュースで何かが起こる度に出てくる専門
家をモデルにしたような人が出て、テキトー
な事を言っています。声の大きい人の意見が、
正しいというわけではないかもしれません。
 主人公たちはこの巻でも戦いに駆り出され
ます、しかし今までも登場していた思いもよ
らない人物が、活躍し始めます。あと、この
漫画の専門家は本物かもしれません。

ーーーーー

読書録「神さまの言うとおり5」3

原作 金城宗幸
漫画 藤村緋二
出版 講談社

p43より引用
“よく普通に食べられるわねアンタら…
私食欲ないわー 臓物見すぎた…”

目次から抜粋引用
“やろうと思えば何だって出来るんだ俺は
 Z・E・T・S・U・B・O・U
 衝撃に注意なーのだ
 イーカロス・ハイ”

 生きることに退屈していた高校生を主人公
とした、理不尽ミステリー漫画。
 神のちからを持つ神小路かみまろの気まぐ
れで、運動会をすることになった主人公たち
生き残り組。生死をかけて競技に挑む。一方、
神小路かみまろの正体を求め、引きこもりを
やめたタクミは奥平の家で真実へと迫る…。

 上記の引用は、運動会の休憩で弁当を食べ
る仲間を見ての秋本の台詞。
一巻からここまで生き残ってきて、何を今更
な話です。
 第一部、完。あらゆる謎を残して、次のシ
リーズに続いているようです。

ーーーーー

posted by 出雲一寸 at 17:19| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする