最近の記事

2016年01月29日

読書録「食事で治す本上」

読書録「食事で治す本上」3

著者 ジーン・カーパー
訳 丸元淑生
出版 ハルキ文庫

p165より引用
“すべての人にとってトマトが敵ではないわ
けで、あなたにとってはどの食品が敵なのか
自分で調べていくしかない。そして、敵が見
つかったらそれを排除して、一歩一歩“自分
にとっての正しい食事”に近づいていくしか
ない。”

目次から抜粋引用
“ガンから守ってくれる食事
 骨と関節の難問には食事療法で
 消化のトラブルにはこの食事”

 米国を代表する栄養学の第一人者による、
病気の症状に合わせた摂るべき食べ物を記し
た一冊。
 ガンの抑制から胃腸の不具合まで、細かく
項目を分けて書かれています。

 上記の引用は、トマトの他にも、ナス科の
野菜が関節に不具合を起こすという疑いにつ
いてとりあげられた項での一節。
トマトと言えば健康に良い食べ物として、よ
く話に聞きますが、人によっては体に不具合
を生じることもあるのかもしれませんね。
この引用の言葉のように、自分の体に合う食
べものは、自分で食べて1つずつ確かめなが
ら生きていかなければならないのでしょう。
色々と健康に関する情報がある中から、自分
に合わせて調節して試すのが大切なのではな
いでしょうか。
 とにかく多くの食べ物が紹介されています
ので、体に良いからと全部試してみるのは難
しいのではないでしょうか。
少しずついろんな食べ物を、まんべんなく
慌てずに食べてみるのがいいのかもしれませ
ん。
はっきりとした体調の不具合があるのならば、
それに合わせて食べ物を選べるように書かれ
ていますので、気になる症状の項目を探して
試すといいかもしれませんね。

ーーーーー

posted by 出雲一寸 at 15:18| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする