最近の記事

2015年11月28日

読書録「寺子屋『般若心経』」

読書録「寺子屋『般若心経』」3

著者 金嶽宗信
出版 三笠書房

p148より引用
“ 私は、心を拡散させないことが幸せだと
思います。なにかを全力でやることは、いい
ことです。全力でやるだけならいいのに、そ
こに報酬を求めてしまう。全力でやれる環境
にあることが喜びなのに、対価を欲する。”

目次から抜粋引用
“『般若心経』ーくり返し読むだけでいい
 心がこんなに自由になる『般若心経』の教え
 世間の奴隷にならないための心の持ち方
 「あるがままに」生き、そして死ぬ『般若心経』の教え
 過去にしばられない生き方”

 臨済宗の僧侶である著者による、般若心経
を元に日々の悩みに向き合うコツを記した一
冊。
 般若心経全文とその訳から種々の悩みへの
対応まで、穏やかな文章で記されています。

 上記の引用は、本質的な幸福について考え
られている項での一節。
何かの出来事に対して、幸と思うか不幸と思
うかは、その人の心の持ちよう次第というこ
とのようです。そのような心のありようにな
れるように、毎日を過ごしたいものです。
たとえ今思ったような結果が出なくても、今
その事を出来ることが幸せに思えたら、とて
も日々を過ごしやすくなりそうですね。
 多くの事例に対して、穏やかに過ごすコツ
が記されていますので、なにか悩みが現れた
時にそばにあると、気持ちの助けになるので
はないかと思います。

ーーーーー

posted by 出雲一寸 at 15:22| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする