最近の記事

2014年06月22日

20140622近況飯エッセイ

20140622近況飯エッセイ

 先日、朝食にお茶漬けを食べようと思ったが、
お茶漬け海苔がなかった。しかし私は幸運だ、
湯沸かしポットのすぐ側に、半分残ったチ○ン
ラーメンがあった。

 他の家族が食事時に、何か汁物が欲しくな
って半分をスープ代わりに使ったのだろう、よ
くあることだ。
 ポットの側にあってその湿気のせいだろうか、
袋の上から触ってみると結構湿気ているような
感触を覚えた。これは早く食べたほうがいい
と思い、細かく砕いてチキ○ラーメン茶漬けに
することにした。

 ご飯をよそって、その上に砕いたチキ○ラーメン
を乗せる。器とご飯の量の加減から見て、少し
味が薄くなりそうな気がしたので、手近にあった
塩昆布を味を整えるために追加で入れてみた。

 これは大成功。
もともと美味しいチ○ンラーメンの味に、塩昆布
の旨味が加わって、美味しさを引き立てている。
塩昆布の量がどの程度ならいい塩梅かは、
もう少し回数を試してみないとわからないが、
少なめから始めて少しずつ増やすようにすると
そのうちいい塩梅に辿り着くだろう。
今度するときはそうしようと思う。

 味は美味しいのだけれど、少々難点もある。
チ○ンラーメンを使っているので、その油が浮いて、
唇がテラテラしてしまうところ。
 女性の唇がテカっていたら、グロスを付けた
みたいで色っぽいかも知れないが、私のような
おっさんがテカらせていてもどうだろうと思う。
まあ、そんな唇のままで外に出ることもないけれど。
 ティッシュで拭いたら問題ないので、また今度
食べようと思います。

 今日の朝食はハムエッグにした。
ロースハムと目玉焼きの組み合わせは、朝に
してはボリュームがあるように思う。

 先に書いたように、塩昆布の組み合わせが
美味しいので、ハムエッグにも合わせてみた。
フライパンで焼き始めた時に、卵の白身の部分に
乗せるようにして塩昆布をパラパラと。
塩昆布の味があるので、塩コショウはせずに
焼きあげる。

 焼きあがったものを、器に盛ったご飯の上に
そのまま乗せて食べてみる。少し味が寂しかった
ので、醤油で味を整えて頂いた。
 これもなかなかに美味しかった。
白身の水分を吸って、塩昆布が少しふやけて
いるのだけれど、決してフニャフニャというわけ
ではない。少し硬さを残していて、歯にあたって
ちょっと力を入れると噛み切れるくらいの絶妙
な食感になっていた。
 味も安定した美味しさ。
ロースハムのお肉感が卵の黄身の濃厚さと
からまり、朝から大満足してしまった。

 朝食は一日で一番大事だというけれど、
あまり満足してしまうと、そのあと一日のやるき
に響いてしまうなと思います。起きた直ぐなのに、
もう眠い…。

 ーーーーー
posted by 出雲一寸 at 07:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする