最近の記事

2014年03月21日

20140321近況飯エッセイ

20140321近況飯エッセイ

 昼食にすき焼きを食べる。
すき焼き自体が久しぶりだったので、とても美味しかった。

 今日はお彼岸のお墓参り、家族が揃って皆でごちそうを食べる
日。昨日から何を食べようかと相談していたところ、あまり人数
が多くないので、ひとつの鍋ですき焼きをして食べようというこ
とになっていた。
 お墓参りを済ませて家に帰って、さっそくすき焼き開始。
たまにしか食べないので、今日は牛肉が用意されていた。しょっ
ちゅう食べるのならば、牛ではお金が持たないので鶏肉か豚肉に
なるところなのだが。
 しかし、牛肉だけではやはり量的に寂しくなってしまう。そこ
で鶏肉も半分混ぜてお肉成分のかさあげをしてあった。
牛も美味しいのだけれど、私の好みは本当は鶏肉。この肉の分量
はとても嬉しい。

 今日はすき焼きのタレが用意されていたので、味付けは実に簡
単だった。少し焼いたお肉に、すき焼きのタレを絡めて味付けを
し、その香ばしさが残っているうちに野菜類を入れて、お肉の出
汁で美味しく頂く。お肉の出汁が出ていたら、だいたいどんな具
材でも美味しく食べることが出来る。
 すき焼きのタレにもともと出汁が入っているので、そこにお肉
が加わることでより一層美味しくなる。今日用意されていたタレ
は、いつものメーカーのものよりも随分と甘さ控えめのものだっ
たので、少々物足りなさを感じてしまった。しかし、普段のメー
カーのものはこれまた甘さが強すぎて、最後の方には甘露煮のよ
うな味付けになりがち。
 なんというか、食品メーカーが共同で、共通の合わせ調味料の
甘さ規格基準があれば、好みに合わせて購入しやすいのではない
かと思ったのだが。しかし、よくよく考えたら、自分で砂糖を足
して甘みを調節すればいいだけの話だったのだが、食べている時
は食べることに夢中で、とりあえず幸せなのだからあまり気がつ
かないものなのかもしれない。
 食べなれない牛肉を食べられるとあって、かなり集中していた
のかもしれないなぁ。

 すき焼きだけではご飯分が少ないので、お寿司も用意された。
スーパーで買ったものなのだけれど、とても美味しかった。
 難を言えば、タコが生ダコだったところだろうか。イカは生の
方が美味しいのだけれど、タコはさっと火が通っていたほうが、
歯切れが良くて美味しいと私は思う。生のタコは、歯ざわりはク
ニュクニュとしていていいのだけれど、噛み切ることが困難で、
どうしても大きいまま食べきってしまうことになる。
カウンターのお寿司屋のタコを知らないのだが、いいお店のタコ
は生でも歯切れがいいのだろうか?

 美味しくごちそうを食べることが出来る事を、ご先祖様に感謝
しながら楽しく過ごすことが出来ました。

ーーーーー




ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 22:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする