最近の記事

2014年03月10日

20140310近況飯エッセイ

20140310近況飯エッセイ

 夕食におじやを食べる。
出汁がしっかりと効いた一品だった。

 昨日の夕食は鍋、普段は豚肉だけで食べていたのだが、私の好
きな鳥の骨付き肉がとてもお得になっていたので、少し贅沢に追
加で入れた。
 その為、今日のおじやは一味違う。
普段の豚肉だけの出汁でも美味しくいただけるのに、鶏肉、それ
も出汁が出やすい骨付き肉なのだから、美味しくないはずがない。

 出汁意外に入っているのは、ご飯と卵とネギ。たったこれだけ
なのに、なんともいえない味わいがある。塩や醤油で付けた味で
はなく、食材の奥から染みだした旨味が混ざり合って、とても複
雑な美味しさ。
 鍋のおつゆなので、お肉の出汁だけではなく野菜のエキスも
しっかりと出ている。砂糖を入れたわけでもないのに、ほんのり
と甘みが感じられるのは、きっと野菜から出た美味しさなのだろ
う。

 一杯目はこうしてお肉と野菜の出汁の美味しさを存分に楽しん
だ、しかし二杯目は少しこの味だけでは物足りなくなってしまっ
た。
 そこで、ポン酢を少し垂らして味を足して頂いた。最初醤油で
食べてもみたのだけれど、ちょっと合わないように感じた、やは
り鍋に関する食べ物には醤油よりもポン酢の方がよく合うのかも
しれない。
 今日残念だったのは、お漬物が無かったこと。熱々のおじやを
口に入れてしまった時に、塩味を足すのと同時に口の中の温度を
下げるのにも役立つ。熱いからといってお水を飲んでしまうと、
味が薄まってしまってもったいないので、あまり食事中にお水を
飲むことはない。漬物があったなら、ポン酢を垂らさなくても良
かっただろうと思う。

 もうそろそろ冬野菜が手に入りにくくなってくる頃なので、お
鍋を楽しむ機会も減っていくのだろうなと思う。
寒さが和らいで春になるのはいいけれど、鍋を食べる機会が減る
のは少し寂しいです。

ーーーーー



ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 21:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする