最近の記事

2014年02月08日

読書録「魔界医師メフィスト魔女医シビウ」3


読書録「魔界医師メフィスト魔女医シビウ」3

著者 菊地秀行
出版 角川文庫


P81より引用
“美しい唇がすぼまり、たっぷりと汁を含んだ麺を吸い上げた。
まともに見たら、男ならみな股間を押さえかねないセクシーさだ。


 目次から抜粋引用
“女医来訪
 死人病院
 大使館より
 医療戦線”

 超常の力を持つ医師を主人公とした、ダークファンタジー長編
小説。シリーズ第8弾。
 ある夜、看護婦がゾクゾクするほど美しい女性がメフィスト病
院を訪ねてきた。メフィストが兄弟子と呼ぶその女性は、ことも
あろうにメフィスト病院の患者に治療を行った…。

 上記の引用は、メフィストと女医シビウが大衆食堂で食事を摂
るシーンでの一文。いくらなんでも妄想を膨らませすぎなのでは
ないかと思います。もし実際に、女性がラーメンを食べていると
ころを見て勃起する人がいるのならば、性犯罪に走る前にしかる
べき方法で処理をした方がいいのではないでしょうか。
 相変わらずのメフィストの超人っぷりが、とても気持ちいいで
す。

ーーーーー




ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 20:42| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする