最近の記事

2014年02月06日

20140206近況飯エッセイ

20140206近況飯エッセイ

 昼食にお寿司を食べる。
いつ食べても嬉しくて美味しい一品だった。


 今日のお昼は法事だった、そういうわけで親類が集まって大勢
で昼食を頂いた。お正月以来、大勢が集まって食事をする機会
だったので、賑やかで楽しい食事となった。
 昔は大勢で食べるのはあまり好きではなかった、あまり親しく
ない親族が集まって食事をするのが、結構息苦しく思っていたも
のだった。けれど私も年を取ったからだろうか、後何年同じ顔が
揃って食事をすることが出来るのかと思うと、しみじみと考えて
しまうようになってきた。

 法事というからには、誰かが亡くなっている。今までの顔ぶれ
から既に一人減っている。それ程親しくなかったけれど、知って
いる人が減っていくというのは、何とも言えず寂しいものだと、
亡くなられてから分かる。
 それでもお寿司は美味しかった、どんなに寂しくても食べなく
ては誰も生きていけないのだから、折角だから美味しくいただけ
れば嬉しいし、集まった人達も美味しく食べられたら嬉しいだろ
うと思う。

 これからも少しずつ顔ぶれが減っていくだろう、自然なことだ
から仕方が無い。
 しかし、顔ぶれの中に新しく増えてきた人も、亡くなっていっ
た人達と同じくらいいるのだから、寂しがってばかりも居られな
いなと思いました。

ーーーーーー



ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 21:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする