最近の記事

2014年01月23日

20140123近況飯エッセイ

20140123近況飯エッセイ

 夕食にカニ鍋を食べる。
寒くて仕方がない一日の疲れを吹き飛ばす一品だった。

 きょうのカニは、正月に家族が集った時の残り。その為それ程
の量はなかったが、出汁を取るには十二分な量だった。
出汁を取るには量が足りているのだけれど、具材としては少々カ
ニだけでは物足りない。それを補うために、豚肉が追加されてい
た。

 鍋が煮立ってカニに火が通ったので、他の家族に負けることが
ないように急いで食べ始める。多分皆もそんな気持ちだったのだ
ろう、野菜が柔らかくなる前にカニが無くなってしまった。
 あまりにも早く無くなってしまったが、追加の豚肉があったの
で物足りなさは無くて助かった。カニを一所懸命にほじくってい
る間に、豚肉に火が通って食べごろになる。丁度いい待ち時間と
なっていた。

 カニをささっと食べ終わって、お次は野菜と豚肉、その他のキ
ノコや豆腐なども食べ頃だ。物足りないくらいの量の蟹だったけ
れど、その出汁の威力は大変効果が高い。
 カニの出汁を吸い上げた豚肉の味わいは得も言われぬ旨さ、そ
れの上を行くのが、カニの出汁プラス豚肉の出汁を吸い上げた野
菜の旨さ。入っていた野菜は、
白菜
タアサイ
輪切りの大根の三種類。出汁を吸った野菜は元々の味と相まって、
決してしつこくない甘さを楽しめる。野菜の美味しさを楽しむに
は、鍋か煮物がわたしは好きだ。

 きのこと豆腐もたまらない。椎茸だけが苦手なのだが、鍋にき
のこは外せない。今日はしめじだけだったが、もう少し香りの強
いきのこが入っていても良かったかもしれない。
 豆腐はあまり出汁を吸ってはいなかった、多分出汁を吸い上げ
るまで鍋に入れていたら、スが入ってしまってフルフルとした豆
腐の食感が損なわれてしまうだろう。出汁と豆腐の味を楽しむた
めに、豆腐を口に入れてから少し出汁を口に含んで食べた。
まだ少し豆乳の匂いが感じられる豆腐と、鍋の出汁の味わいが口
の中で混ざって実にうまい。
 いつもならばポン酢で頂くところだけれど、今日はほとんど出
汁と一緒に頂いた。ポン酢の出番が少なくい鍋だった。

 そしておじや。
明日に食べようかと思ったけれど、鍋の美味しさの勢いに任せて
ついつい食べてしまった。
 他の鍋の時ならば、味をととのえる必要があることもあるが、
今日はその必要は全くなかった。カニと豚肉のおかげでそれだけ
でとても濃いおじやとなっていた。

 次にカニを食べることが出来るのは、来年だろうか。また一年
がんばって働かなければならないなと思いました。

ーーーーー




ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 21:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする