最近の記事

2014年01月16日

読書録「頭の体操第6集」3


読書録「頭の体操第6集」3

著者 多湖輝
出版 知恵の森文庫

P9より引用
“考えることによって、人間は自由を手に入れることができるし、
人間であることを謳歌しうるのだといえよう。”

 心理学者である著者による、解くための考えに一工夫が必要な
パズルやクイズを記した一冊。
 宇宙での土地に関する問題からマッチ棒パズルまで、一筋縄で
はいかない問題が目白押しです。

 上記の引用は、プロローグでの一文。
先だって紹介した「考えない練習」とは対極にあるかのような一
文ですが、考えるときも考えない時も両方があってこそのその人
間なのでは無いでしょうか。どちらか一方に偏ってしまうのは、
バランスを書いていると思います。「考えない練習」の内容は、
何も考えないのが良いといったことではありませんが。
 この本の問題を解くような考え方は、良い方に使えば起業家や
発明家、悪い方に使えば詐欺師になりそうです。道具は使いよう
だなと思います。

ーーーーー




ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 20:39| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする