最近の記事

2014年01月12日

20140112近況飯エッセイ

20140112近況飯エッセイ

 車も段ボールで運ぶとは、恐るべしアマゾン。
ダンボールの後始末のことを考えると、面倒くさいだけでしょう
けれども。

 朝食にお茶漬けを食べる。
冷えた体がすぐに温まる一品だった。

 お茶漬け海苔をかけて塩昆布を乗せて、タップリとお湯を注い
でさあ食べようとした時に、家族からストップがかかった。
 昨日、大根おろしに入れて食べたなめたけが少し残っているの
で、ついでにお茶漬けに入れて食べてしまってくれとのこと。
私のことはきっと、食べ物ならどんなものでも食べる、最終処分
係くらいに思っているのだろうなと思う。まぁ、昔からそうだっ
た。

 そんなわけで、ビンの五分の一程度のなめたけを乗せて、よう
やく頂くことが出来た。
 味としては、少し失敗だったかもしれない。あっさりと食べよ
うと思っていたのに、なめたけの味付けが結構こってりとしてい
て、お茶漬けとしてはくどいように思えた。
なめたけが加わったことで、お湯にとろみがついて不思議なお茶
漬けになったが、食感の点では目先が変わってオモシロイと思っ
た。
 なめたけはやはり大根おろしがよく似合うと思う。

 昼食に鶏の唐揚げを食べる。
下味がしっかりと付けられた一品だった。

 多分スーパーで買ってきたものだろう、家で作られるものより
も数段味付けがシッカリとしている。悪く言えば味が濃過ぎる。
 味が濃くなってしまうのは、鶏肉に下味をつける以上に周りの
衣にしっかりと味付けがしてあるからだろうと思う。なにせ、皆
で食べるように切り分けられていたその断面の、衣の部分まで茶
色が濃かった。唐揚げというより、醤油を入れて溶いた衣で揚げ
た天ぷらといった風情だろうか。

 小さい肉を大きくみせるために、身と身の隙間にもしっかりと
衣が入り込んでいて、随分と上げ底された大きさだった。
 しかし、この味の濃さと衣の量が、ご飯のおかずとして驚くほ
ど性能が高い。一切れでご飯一杯を食べきってしまうことが出来
るくらい、おかずとして高性能だった。
 昔から体に悪い物ほど口には美味しいと、飽きるほどに聞かさ
れていたけれど、こうして出来合いの揚げ物類を食べているとよ
く分かる。出来合いののお弁当などもとても美味しいけれど、常
食していた友人が体調を崩したことを鑑みて、多分あまり体には
良くないのだろうと思う。
 しかし、忙しい人にとっては、あれほどありがたいものもない
だろうから、忙しい今の世の中を出来合いの食べものを食べずに
過ごすのは難しいのではないだろうか。

 まあそうであったとしても、自分の体を作るのは、自分で食べ
て飲んだものだけなのだから、食事には気をつけたいものだなと
思いました。

ーーーーー




ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 22:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする