最近の記事

2014年01月07日

20140107近況飯エッセイ

20140107近況飯エッセイ

 昼食に茹で餃子を食べる。
プリプリとした皮の食感が気持ちいい一品だった。

 今日も朝からものすごく寒かった、東北や北海道から比べたら
大したことはないのだろうけれど、私達の地域にしては今年は寒
さが厳しいように思われる。仕事に向かう路面も所々凍結してい
て、危うく滑って事故を起こしそうになった。
 そんな寒い日なので、体が温まるメニューがいいなと思ってい
たのだが、何故か餃子だった。水餃子だったらスープもあって、
体が温まりやすいのだけれど、茹でた餃子ではそれ程暖かくなら
ない。幸い、味噌汁があったから体を中から温める食べ物には困
らなかったけれど。

 多分使っていた餃子が水餃子用のものだったのだろう、皮が厚
めで焼き餃子用のものとはボリュームが違う。中身は多分同じく
らいの量なのだろうけれど、皮の厚みのおかげで随分と大きく見
える。
 プリプリモチモチとした食感の後に、少し甘みが強く感じられ
る餡の味が優しくて美味しい。付属のゆず風味のポン酢でいただ
くと、あっさりしていながらご飯が進む。

 こういう市販の餃子の物足りないところは、にんにくが控えめ
にしか入っていないところ。自分の家で作ったものならば、好き
な量のにんにくを入れることが出来るのだけれど、まあ手間をか
けずに食べることが出来るのだから仕方が無い。
 自家製の餃子を食べたいとは思うのだけれど、なかなか手間が
かかるのでついつい作ることを敬遠してしまう。多分心の底から
食べたいと思っていないのだろう、思っているのならばきっと
もっと積極的に作って食べているに決まっている。

 夕食は茶碗蒸しだった。
昼の餃子に比べたらよりあっさりとした一品だった。

 入っていた具材は、
鶏ささみ
ちくわとシンプル過ぎるほどにシンプルだった。
 どうしてこれほどシンプルなのかと家族に聞いたところ、急遽
作ることになったので入れる具材を用意しきれなかったとのこと。
何も入っていないものにならなくてよかったと思う。

 あっさりした中身のおかげで、味もあっさりとしていて優しい。
今日は7日、七草粥を食べるような日なのだから、あっさりしたも
ののほうが体にもいいだろう。
 他のおかずもあっさりしたものばかり、ひじきの煮物とナバナ
のごま和え、そして味噌汁。純和風の食卓で、食べていてホッと
する。

 どんなこってりと贅沢なものを食べるよりも、食べて満腹に
なってホッとすることが出来る日常食のほうが、幸せな気分にな
れるのかもしれないなと思いました。

ーーーーー




ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 20:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする