最近の記事

2014年02月18日

読書録「三毛猫ホームズの映画館」2


読書録「三毛猫ホームズの映画館」2

著者 赤川次郎
出版 角川文庫

P28より引用
“かの有名なNHK朝の連続テレビ小説。よくもマア飽きもせずに、
同じような話を同じようにやるものだと感心しますが、いつも気
になるのが主役の女優のこと(どうして女性でなきゃいけないん
でしょう)。”

目次から抜粋引用
“映画があって青春があった
 三毛猫ホームズの映画館
 半・映画通の映画日記
 映像の申し子たち”

 三毛猫ホームズシリーズをはじめ、数多くのベストセラー作品
を持つ著者による、映画への愛あふれるエッセイ集。
 映画のタイトルについてから映像から学ぶことについてまで、
現在から見ると古典に当たる作品を中心に書かれています。

 上記の引用は、演出についてと題された項での一文。
女優のことはさておき、飽きもせず同じような…のところを読む
と、なんだかなと思わざるを得ません。単行本は大和書房から
1983年に刊行とのこと、今の状況に至るとは思われていなかった
のだと思います。
 著者は一時は映画監督になりたかったとのことですが、多くの
小説を刊行されていて、映画化された作品もあるのですから、今
度は自分で映画化されるとより面白いのではないかと思います。
すでにされているのなら、ごめんなさい。

ーーーーー




ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 00:00| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする