最近の記事

2013年12月18日

20131218近況飯エッセイ

20131218近況飯エッセイ

 朝食にカップ焼きそばを食べる。
お湯をかけて捨てるだけの便利な一品だった。

 今日食べたものは少し変わった味付けで、焼きそばなのにとん
こつ味だった。私は初めて見る品で、正直どんな感じなんだろう
とワクワクしながらお湯を注ぐ。
 麺は固めが好きなので、三分またずにお湯を捨て始める。結構
前になるけれど、最近の若者はカップラーメンの出来上がるまで
の三分すら待てない、とかいった話がテレビで議論されていたけ
れど、ただ単に好みの問題なのでは無いかといまでも思う。

 お湯を捨てて、ソースを掛ける、ソースは後です。ソース焼き
そばにはトッピングとして青のりメインのふりかけが付いている
ことが多いが、このとんこつ味のものには紅しょうがが付いてい
た。うむ、この辺がこだわりなのだろう。
 出来上がって食べ始める前に、トーストを作りはじめる。朝か
らお腹が空いていたので、焼きそばパンにして食べようと思った
からだ。

 肝心のお味の方は、結構なもの。シッカリととんこつ風の味が
して、スープは無いけれどとんこつ。ラーメンのとんこつよりも
少し塩味が強く感じられる気がしたが、これは混ぜ方が足りなく
て塊を口に入れたからかもしれないので、あまりあてにならない。
 全部食べてしまう前に、焼きそばパンの中身にする分を控えて
おく。丁度残りを食べてしまうくらいにトーストが焼きあがった、
控えておいた分をトーストの上に乗せて、こぼれにくいように半
分に折りたたんで食べる。

 なかなか美味しかった、パンの味が少し甘目のため味が濃くな
りすぎた感があるけれど、それでも美味しかった。もっとあっさ
りとした食パンをトーストしてはさめば、とんこつ味がより楽し
めそうに思う。

 食べ終わって、ごまをふりかけたら良かったなと思いつきまし
た。

ーーーーー





ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 20:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする