最近の記事

2014年02月04日

読書録「十頁だけ読んでごらんなさい。十頁たって飽いたらこの本を捨てて下さって宜しい。」4


読書録「十頁だけ読んでごらんなさい。十頁たって飽いたらこの
本を捨てて下さって宜しい。」4

著者 遠藤周作
出版 新潮社

P25より引用
“いずれにしろ名分を書こうとする意識やむつかしい手紙文の文
例をマネる必要が全くないと考える時、あなたは少しは手紙を書
くのが気楽になりませんか。”

 目次から抜粋引用
“一寸したことであなたの人生が変る
 筆不精をなおす一寸したこと
 手紙を書く時に大切な一寸したこと
 返事を書く時に大切な一寸したこと”

 芥川賞作家である著者による、手紙の書き方についてのコツを
記した一冊。
 セールスマンの売り込みについてから具体的な文章の書き方ま
で、すぐにでも使えそうなコツが紹介されています。
長年未発表だった原稿を元に出版されたものの文庫化。

 上記の引用は、筆不精の直し方のコツを記した章での一文。
最近の私は手紙どころか年賀状すらメールで済ませてしまうので
すが、メールであってもやはり文章を書く時はそれなりに力が
入ってしまうものです。
筆不精にならないためにも、気楽に文章のやりとりが出来る相手
がいるということが、結構大切なのではないかと思います。
 一つ一つのコツが細かくまとめてあるので、人に対して文章を
書く時にとなりにあると便利な一冊なのではないでしょうか。

ーーーーー




ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 00:00| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする