最近の記事

2013年12月10日

20131210近況飯エッセイ

20131210近況飯エッセイ

 先日、夕食に鍋を食べる。
お土産に頂いたカニがいい出汁になった一品だった。

 去年だっただろうか、その時もお土産にもらったカニを鍋にし
た。その時は脚を胴体の付け根から外して、胴体もそのまま鍋の
中に入れてしまったため、少し失敗した感があった。
 胴体の中にはシッカリとカニミソが詰まっていたので、その風
味が鍋中に広がった。カニミソが好きな人にはたまらないだろう、
まあ私も嫌いなわけではない。

 しかし、カニミソの味が行き渡った鍋の出汁で火を通したカニ
の肉は、あの微妙な旨さがカニミソに負けていた感があった。
さらに問題があったのはおじやにしたとき、カニミソの生臭さが
けっこう鼻について食べづらかった。
 お腹が一杯になってきた時に、まだ少しおじやが残っていた。
多分、冷めたらもっと生臭くなってしまうだろうから、かなり無
理して食べることとなった。かなり苦しかったのを覚えている。

 という以前の失敗を教訓として、今回は胴体だけ別に茹でて食
べた。胴体を茹でた蟹味噌入りの出汁は、そのままカニミソ味噌
汁にして別に味わった。
 これがなかなか美味しかった、こってりとしたカニミソの風味
が味わえながら、生臭さは味噌が消してくれる。家族の分と合わ
せて二杯分しか作らなかったが、もっとたくさん作っても良かっ
たかもしれない。ただ、冷めたら生臭くなってしまうかもしれな
いので、これでよかったのだろうとも思うけれど。

 鍋の方はもちろん美味しかった、食前にカニミソ味噌汁を一杯
飲んでいても、おじやを作って残さず食べきれた。
来年もカニが食べられますように、一所懸命働かなければいけな
いなと思いました。

ーーーーー

 ゲームで遊ぶ。
リバースムーン。
結局プレステ2をもう一台買いました。

 ゲームはシミュレーションRPG、じっくりと時間をかけて楽しめ
そうな一本。
 始まってすぐにわけも分からずトラブルに巻き込まれてしまう
主人公、トラブルに巻き込まれなければ話が始まらないのだから
まあしかたのないところだろう。
 問題はそのあと、かなりの序盤で変態に目をつけられた。
主人公の顔がいいというところまでは、まあその人の趣味の範囲
だろうからいいと思う。ただそのことを周囲の人に話しかけなが
ら、鼻血を流すというところがいきなり過ぎるのではないかと思
った。
 なんだかどこかでよく見た光景だなぁと思い、会話シーンを見
ていた。そして思い出した、あれだ、柴田亜美氏のマンガだわ。
「南国少年パプワくん」だっただろうか、よく鼻血吹いてたよう
に記憶しています。

 まあ主人公の不運は置いておいて、じっくりと楽しみたいと思
います。

ーーーーー





ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 22:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする