最近の記事

2014年01月13日

読書録「お魚の常識非常識「なるほどふーん」雑学」4


読書録「お魚の常識非常識「なるほどふーん」雑学」4

編  マルハ広報室
出版 講談社

P92より引用
“ちなみにフグの名の由来は「ふくれる」からきている。江戸時
代まではフクと呼んでいた。
 いまでも本場、下関あたりでは、にごらずにフクという。”

 目次から抜粋引用
“お魚選びと味わいかたのウソ・ホント
 お魚料理のおいしい勘どころ
 お魚料理のなるほど裏ワザ
 一度は食べたい!ふるさとの地魚料理”

 日本を代表する水産・水産物食品会社による、魚についての知
識を詰め込んだ一冊。
 魚の美味しい食べ方についてから地方でしか食べられない地魚
についてまで、長年魚とともに歩んできた会社ならではの深い知
識が紹介されています。

 上記の引用は、フグについて書かれた項での一文。
今の一般的なフグと濁る音は毒を持つイメージに合っていていい
ですが、フクと濁らない音は福を連想させそうでこちらもいいで
すね。
 巻頭カラー図鑑とその番号に合わせた巻末の解説といい、参考
文献の多さや魚名索引といい、大変力を入れて作られた一冊だと
思います。

ーーーーー




ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
ラベル:マルハ 雑学
posted by 出雲一寸 at 00:00| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする