最近の記事

2013年12月19日

読書録「直江兼続」3


読書録「直江兼続」3

著者 外川淳
出版 アスキー新書

P47より引用
“兼続と同い年は石田三成、一歳年上は大谷吉継、一歳年下は井
伊直政と福島正則がおり、織田信長や徳川家康の子どもたちと同
世代であり、彼らが少年から若武者へと成長するころ、戦国の乱
世は収束へと向かいつつあった。”

 目次から抜粋引用
“直江兼続とはこんな男
 名将登場の時代背景
 美しきライバル景虎との死闘
 天下人秀吉との出会いと別れ
 天下人家康との抗争と和解”

 歴史雑誌編集者を経て歴史アナリストになった著者による、戦
国武将直江兼続について記した一冊。
 兼続の人物像から業績まで、縁の地の史跡写真を添えて書かれ
ています。

 上記の引用は、武田信玄が死んだ時の兼続の年齢とその周辺状
況を記した項での一文。特に歴史好きでもない私でも、聞いたこ
とのある名前ばかりです。人は生まれた時代や環境によって、育
てられる部分が大きいのだなと思います。しかしそれでも、環境
や時代に流されるばかりには、ならないようにしたいと思いまし
た。

ーーーーー




ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 00:00| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする