最近の記事

2013年11月09日

20131109近況飯ゲームエッセイ

20131109近況飯ゲームエッセイ

 昼食に茶漬けを食べる。
体を中から温める一品だった。

 少し用事で出かけていて、用事が済んだらちょうどお昼時だっ
た。何か昼食を食べようかなと思い、車で走りながら考えていた
が、そんなに家から離れていなかったので、家に帰って食事する
ことにした。
 しかし、帰ってこないと思われていたところに急に帰ったため、
コレと行ってオカズがない。何かを作るのも、今日は面倒くさか
ったので、一番手軽に食べることができるお茶漬けにしておいた。

 外を回っていて何か食べるものを考えてはいたが、一人で何か
を食べようと思ったら案外食べたいものというのが思い浮かばな
いものだ。外で食事して一番困るのが、食後の眠気だし、食べた
後寝転べないところもあまり好きではない。
 そういう理由で結局家まで帰ってお茶漬け、気楽でいい。

 茶碗にご飯をよそってお茶漬け海苔をかけ、今日はそこに塩昆
布をのせた。どちらか一つだと少々味が寂しいところだが、二つ
を合わせると途端に美味しさがます。
 昨日の朝食にカビた古漬をのせて茶漬けにしたことを思い出し
て、苦笑いしながらお湯を注ぐ。少しずつ溶け出す昆布の旨みが、
茶碗に行き渡るくらい出るのを待ってから、ゆっくりと食べた。

 子供の頃もよくお茶漬けを食べた、その頃からほとんど変わっ
ているように思えない塩昆布は、日本で良かったと思うことがで
きる具の一つだと思う。
 小学校の遠足などの時に、おにぎりの中にも塩昆布が入れてく
れてあって、とても美味しかった。私はカツオの醤油で和えたも
のが子供の頃は苦手で、全部昆布だったらいいのにといつも思っ
ていた。子供の私の口には、カツオはモサモソとして食べにくか
ったのを思い出す。

 いつまでも美味しい塩昆布が食べられたらいいのになと思いま
す。

ーーーーー






ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 17:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする