最近の記事

2013年11月04日

20131104近況飯ゲームエッセイ

20131104近況飯ゲームエッセイ

 おやつにドーナツを食べる。
ジャックランタンをかたどったハロウィン仕様の一品だった。

 先日までの法事のために、ハロウィンに備えて買ってあったド
ーナツなので、結構古くなって吐いたけれど、捨ててしまうのは
もったいないので食べてみた。
 まず食べる前に安全確認、自分の食べるものの安全は自分で確
保。見た目、全くと言って変わりはない、あえて言うなら、手を
付けていない状態から二口ぐらい齧った後が見て取れるが、まぁ
大したことではない。
次に匂い、上にかかっているストロベリー味のチョココーティン
グから本当ならば甘い香りがするのだろうけれど、さすがに一週
間近く放ってあったので、匂いはほぼしなくなっていた。
次に手で触った感じ、…堅いように思う。おかしい、ドーナツな
のに堅いというのは、ドーナツの定義としていかがなものなのだ
ろうか。

 以上、手の感触以外は特に食べても害はなさそうだったので、
ありがたく頂くことにしてみた。
 ひとくち食べての感想は、やはり手で触った時に感じた違和感
の通り、堅い。ドーナツというよりも、しっかりと中身を詰めて
焼き上げたクッキーといった食感。噛めばボリボリという音がし
て、何とも言えず新鮮だった。
 味は変わりなし、一週間位経っていても味が変わっていないと
いうことにも、少々不安を感じないでもないが、焼き菓子や揚げ
菓子というものは水分が少なくなっているので傷みにくいのかも
しれない。まあとにかく美味しい。

 しかし、やっぱり出来たてを食べたほうが美味しいに決まって
いるので、あまり買い置きはしないようにした方がいいと思いま
した。

ーー

ゲームで遊ぶ。
戦国無双2。
雑賀孫市、徳川家康でクリア。

孫市。
豊臣秀吉とイチャイチャするムービーを見てから始まるのだが、
そういう趣味が無いため少し嫌になる。
 銃使いのため特殊技で射撃が出来るのだけれど、最初から最後
までかなり威力が低い。途中で個別技能を習得すると、弾が貫通
するようになるのだが、画面外の敵にまで当たるようになるわけ
ではないので、結局敵に囲まれることは多い。
ゲームの醍醐味として、弾薬を無制限に使えるからとにかく撃ち
まくることはできる。もう一つの特殊技で誘導弾まで打てるのは
面白い。
 しかしその分、通常攻撃は手数が少ないように思う。
あまり好きなタイプのキャラクターではなかった。
男同士の友情などが好きな人には、ストーリーは楽しめるのでは
ないでしょうか。

 家康。
なんだかごっつい見た目で、パッと見たところまんまるに見えて
しまう。こういうところが愛嬌があっていいというのなら、つか
っていて楽しいかもしれない。
 武器は大砲内臓の槍、こちらも特殊攻撃で砲撃が出来るが、や
はりそれ程威力が高くなく、爆発による巻き込みもあまり範囲が
広くない。孫市よりは肉弾戦がやりやすいけれども、中途半端な
感がする。やはりあまり好みではなかった。

 今回の二人も修羅武器は出ず、ついてない。

ーーーーー

読書録「まんがタイムきららミラク12月号内
「桜Trick」」3

著者 タチ
出版 芳文社

P15より引用
“だ…だってあたし
プライベートで
メイド服なんて
考えたこともないし”

 女子高生たちの平穏な日常の一幕を描いた、4コマ漫画。
4コマの形式で書かれていますが、4コマごとに話が完結するわけ
ではないようで、連続性を保って話が展開します。

 上記の引用は、とある事情で色んな店の制服が集まっていた場
所での一言。まあ、よほどのお金持ちでなければ、プライベート
でメイド服に接する機会などない、などというのは今は昔。
私の住んでいるような田舎でも、リサイクルショップ等で売られ
ているのを見かけることが出来るようになりました。いいか悪い
かはわかりませんが。
どこかで読んだような気がしますが、昔から雇用関係の上下にあ
る相手との情事は、とても燃えるものであるとの話です。そう思
って見ると、AVの世界というのも案外古典を大切にしているのか
もしれませんね。
 久しぶりに漫画雑誌の定期購読を始めようとして、本屋で見か
けた中で一番若い雑誌が本誌でした。見落としていたかもしれま
せんが、手に当たらなかったというのも縁なのだと思います。
まんがきららのシリーズだけで、3つも4つもあったように思いま
すが、全部のシリーズの連載作品をタイトル無しに並べられたら、
私はもう見分けられないかもしれません。ファンの方なら余裕な
のでしょうが、私はもう年寄りになってしまったのかもしれませ
ん。

ーーーーー





ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 18:54| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする