最近の記事

2013年11月22日

読書録「優しくって少しばか」2


読書録「優しくって少しばか」2

著者 原田宗典
出版 集英社

P31より引用
“どこで仕入れてくるのか知らないけど彼女お得意の“世界的傾
向”や“社会現象”というのはどうも、
胡散臭い。”

 コピーライター、小説家、エッセイスト、劇作家と多方面で活
躍する著者による、短編小説集。
 表題作から気になる噂の女の話まで、穏やかな日常やそう見え
るだけな話が収録されています。

 上記の引用は、とある男と女の会話に対する一文。
流行というのはまぁ大体胡散臭いものを含んでいるものだと思い
ます、楽しく現象や傾向を受け入れている人の邪魔はしないよう
にとは思いますが。胡散臭いとわかっていて、それを踏まえて楽
しんでいるのかもしれませんし。
 二話目の林檎煮の話は、その他の話とはなんだかまったく雰囲
気が違っていて、飛び抜けて怖いです。その他の作品も少しずつ
不気味なところはありますが、この話だけ入れる本を間違えたの
かと思いました。

ーーーーー







ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 00:00| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする