最近の記事

2013年11月13日

読書録「ガンダムMS列伝」3


読書録「ガンダムMS列伝」3

編著 株式会社レッカ社
出版 PHP文庫

P317より引用
“「第一次ネオ・ジオン戦争」では、機体の高出力・重火力化に
ともない、ビーム・コーティングやIフィールドといった、ビーム
兵器の威力を緩和する対策も講じられることとなった。こうした
技術の発達により、対抗策として実弾兵器の効果が見直され爆発
系の実弾兵器が標準装備されることになったと考えられる。”

 ゲーム攻略本等を制作する編集プロダクションによる、ロボッ
トアニメ「ガンダム」シリーズに出てくる人型兵器モビルスーツ
を紹介する一冊。
 「機動戦士ガンダム」から「逆襲のシャア」まで、4作品に出て
くる大体のモビルスーツについて書かれています。

 上記の引用は、「逆襲のシャア」に登場したモビルスーツ総括
における一文。刃物の発達に対して板金鎧が発達し、それに伴っ
て鈍器が見直されるようなものでしょうか。戦争とともに科学が
発達するのは、フィクションの世界でも同じように描かれている
ようです。

ーーーーー





ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 00:00| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする