最近の記事

2013年10月11日

20131010近況飯エッセイ

20131010近況飯エッセイ

 昼食と夕食に鯖寿司を食べる。
パッと見た見た目が小さい枕のような、豪快な一品だった。

 毎年この時期は秋祭り、先日も地域の秋祭りでお宮さんに参っ
て宴会があったところ。私の家でも恒例の鯖寿司が作られた。
 鯖の半身の一番幅があるところに合わせて、もち米を炊いたご
飯で合わせた寿司飯をたっぷりと長方形に整えて、しばらく重し
を乗せてなじませたもの。鯖も酢で締めてあり、しっとりとして
いながらシッカリとした歯ざわりが美味しい。

 毎年とても美味しく頂いているのだけれど、鯖の尻尾の方に近
づくと、ほとんど寿司飯のおにぎりを食べているような感じにな
ってしまうのが、おもしろくもあり困ったところでもあり。
 なによりもそのご飯の量が食べる人を驚かせる、幅がさばの半
身の一番太くなったところと同じなら、それを切り分けた時の断
面の高さがそれの半分から3分の1位はある。かける重しの重さで
この高さは変わってくるし、時間が経てば更に縮むが、ご飯の量
が変わるわけではないので、5切れも食べればお腹いっぱいになっ
てくる。
 地方によっては鯖の半身に頭も付いているところがあるようだ
が、私の地方では頭までは付いていない。その点は少し豪快さに
かける感があるが、食べやすくていいと思う。

 今年もこの次期を迎えることが出来て、無事一年を過ごせたん
だなと感慨深く思います。

ーーーーー






ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする