最近の記事

2013年10月06日

20131005近況

20131005近況

 おやつに回転焼きを食べる。
タップリと入ったあんこが甘くてたまらない一品だった。

 回転焼きの他には、大判焼きなど沢山の呼び方があるようだが、
小麦粉の生地を焼いて間にあんこを挟んで円筒状に焼き上げたも
の。丸太を輪切りにしたようなカタチに仕上がっていて、とても
単純なものであるけれども、あんこが好きならばお腹いっぱいに
なるまで食べてしまうようなおやつである。
 焼くための鉄板もコレ専用のものだろう、丸いカタチに整形さ
れていてそこに生地を流し込んで焼き、あんこを乗せて、反対側
の生地を焼いて上下で合わせて仕上げる。こうして書いていても、
また食べたくなる一品。

 子供の頃からコレ大好き、記憶が曖昧な頃から好きだったよう
な気がするけれども、いかんせん曖昧なので思い込みなのかもし
れない。
 はっきりとした記憶があるのは、母方の祖父がまだ元気で居て
くれた頃の話。まだ孫が少ない時だったので、とてもよくしても
らっていたので、今でもとても楽しい思い出としてよく思い出す。

 祖父にこの回転焼きを買ってもらっていたのは、正月に遊びに
行った時のこと。母の里帰りに付いて行って、小学校の冬休みが
終るギリギリまで泊まっていた。その泊まっている間に、その地
域では毎年ある縁日があってほぼ必ずと言っていいくらい連れて
行ってもらっていたものだ。中学に入った頃には祖父も少し体が
弱ってきていたのと相まって、私も少し思春期に入ったので、も
うあまり一緒に行ってなかったように記憶している。
やれやれと思われていたか寂しがられていたかは、今となっては
確かめられないけれども。
 一通り出店を周ってみても、欲しくなったのは必ずこの回転焼
きだった。子供の頃からあんこ好きで、今でも全く食の嗜好が変
わっていないというのは、成長がないのか若々しいというのか。
私にお土産を買ってくる人は、悩まなくて楽でいいとのことなの
で、まぁいいことなのかもしれない。

 そうやってかわいがってくれた祖父が無くなって、もう随分の
時間が経っている。祖父と一緒に過ごした時間よりも、祖父を亡
くしてからの時間のほうが、もうすでに逆転してしまっている。
 時間が経つのは本当に早いものです。忘れてしまわないように、
これからも過ごしたいと思います。

ーーーーー







ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする