最近の記事

2013年10月02日

20131001近況

20131001近況

 夕食に秋刀魚の塩焼きを食べる。
秋を感じざるを得ない一品だった。

 今年はさんまがあまりにも穫れないとニュースで聞いていたの
で、ひょっとすると私の口には入らないかと思っていたけれど、
なんとか二回目のさんまを頂くことが出来た。
 買ってきた価格から言って、ほぼ今年のものではなく冷凍保存
されていたものだろうけれど、だからといって味が悪くて美味し
く無いということは全くない。さんまを食べる時の楽しみである
脂のノリ具合も少ないわけではなく、ここが一番うまいという人
も多いであろうはらわたも、そこそこカタチが残っていて食べる
人は食べやすいであろうと思った。

 最近の冷凍技術はとてもいいのだなと思いながら、美味しく頂
いていたのだけれど、はて、一体いつ獲れたさんまになるのだろ
うか?多分売り場には獲れた年度が書かれていることはないだろう、
私は一度も見たことはなくひょっとすると書かれているお店もあ
るかも知れないが、もしかすると書かれていたらショックを受け
るかもしれない。
 冷凍技術が発達していて、極々低温で保存されていたらどんな
に年数が経っても品質が劣化しなくて、ひょっとすると何年も経
ったものなのかもしれない。
 などと無責任に都市伝説のような事を考えてしまったが、美味
しく頂くことが出来て体にも良いのであれば、これでいいのだと
思う。

 たとえその年の生さんまでなかったとしても、その年の暑い夏
を乗り切って食べるさんまの美味しさは変わらないのではないか
なぁと思います。

ーーーーー






ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする