最近の記事

2013年10月01日

20130930近況

20130930近況

 昼食にすき焼き丼を食べる。
シッカリと煮こまれた野菜が美味しい一品だった。

 すき焼き丼というとそれだけを作ったように聞こえるかもしれ
ないけれど、昨晩の残り物にタマゴを落として目玉のまま煮て固
めたもの。しかもその昨晩のすき焼き本番には、私は加わっては
居ない、本当は少々残念な一品なのだ。とほほ。
 当然残り物のために、すき焼きとは名ばかりでお肉は全く残っ
ているはずもなく、実質は野菜の甘辛煮どんぶりということにな
るのだが、悔しいのですき焼き丼と呼ぶ。

 野菜しかカタチのあるものは残っていないが、お肉を煮た出汁
はたっぷりと入っているはずだから、野菜の甘辛煮であるとして
も出汁にこだわったものであるといえよう。カツオを昆布の合わ
せだしどころではない、濃厚な肉の旨みたっぷりのつゆで煮込ん
だ野菜の旨味を、タマゴがシッカリと閉じ込めてつゆの一滴まで
残すこと無く味わう。
 すき焼きの締めとしてはうどんを食べる家なので、残った具を
食べるにはコレは実に具合の良い方法。すき焼きのつゆでもおじ
やにしてしまうところもあるのかもしれないけれど、我が家の好
みとしては出来上がりが濃すぎる感があって、あまりおじやには
したことがない。

 今日の出来上がりは少し行き過ぎていたように思う、黄身が完
全に固まってしまっていて、とろりとした半熟の黄身がご飯に絡
まる美味しさを全く味わうことが出来なかった。
 しかし固まってしまった黄身でも、ほぐしなから野菜やつゆと
絡めてご飯を食べると、すき焼きを煮たその日では決して味わう
ことは出来ない、時間をかけて味が染み込んだ野菜を楽しむこと
ができる。
 しかしやはり、タマゴは半熟であるほうが好みなので、今度は
火の通り具合が調節しやすいように、タマゴを最初からかき混ぜ
て作るようにした方がいいかもしれないなと思う。

 今度のすき焼きの回には、お肉を煮る段階から参加したいもの
です。やっぱり悔しいです。

ーーーーー





ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする