最近の記事

2013年09月30日

20130929近況

20130929近況

 夕食にクリームパスタを食べる。
ねっとりとするくらい濃厚で食べごたえのある一品だった。

 クリームパスタのソースを作る時に、私の家で使われているの
はクリームシチューのルー。カレールーと並んで、料理の味付け
に失敗することが少ない便利な発明だと思う。
 多分何の具を入れようが、ひょっとすると何も入れなくても、
そこそこ美味しいソースが出来上がり食べることができるのでは
ないだろうか。何も入っていないクリームソースでは、見た目が
あまりにも寂しすぎるかもしれないけれども。

 今回も同じようにシチューのルーが使われていたのだが、それ
の醸しだすとろみだけではとても追いつかないねっとりさ加減。
やはりこれは入っている具材の影響なのだろう、タップリのかぼ
ちゃが入れられていて、ちょうどいい塩梅にとろけていた。
 去年から頂くことが出来るようになった、ひょうたんのような
格好をしたとても個性的な見た目のかぼちゃ。これが見た目のお
もしろさと比例するか反比例するかは解釈が異なってくるだろう
が、まあとにかく美味しい種類。
 西洋系のホクホクとしたものよりは、日本系のしっとりした感
じに近いだろうか、煮込んでとろけさせるとクリームソースのと
ろみが驚くほど上がる。もちろんとろみだけではなく、かぼちゃ
のもつ甘みがソースのコクを増して、ルーだけで作ったソースで
は決して味わうことの出来ない美味しさを創りだす。
この甘味は日本系のものよりも西洋系に近いように思えて、何と
も複雑なかぼちゃだなと思う。

 こうして甘みととろみをタップリとソースに加えて美味しくし
てくれるこのかぼちゃだが、甘みの強さが苦手な人にはそこがい
まいちに思えるかもしれない。食事は塩辛くなくては嫌だという
ような人には、かなりツライことかと思う。
 かと言って甘さとバランスをとるために味を調節しようとする
と、塩を入れすぎてしまうかも知れなくて、案外味付けが難しい
ソースになってしまっているのだろうか。私は甘みが強くても平
気なので、何とも思わずに食べていたけれども。無神経なだけか
もしれない。

 しかし私も、同じ味で何回も取り皿に取り分けて食べていると、
流石に味の変化が欲しくなるので、醤油を垂らして食べてみた。
 醤油って偉大だなと思います。

ーーーーー







ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 00:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする