最近の記事

2013年11月01日

読書録「スヌーピーの初恋物語」4


読書録「スヌーピーの初恋物語」4

著者 チャールズ、M、シュルツ
訳  谷川俊太郎
出版 角川文庫

P90より引用
“あなたはもっとよくできる能力があるからよ…”

長年新聞連載で親しまれている漫画「ピーナッツ」の日本語翻訳
版。
 スヌーピーの恋の話からチャーリーブラウンの野球チームの話
まで、おなじみのメンバーの日々が描かれています。

 上記の引用は、テストで悪い結果を出したライナスに、姉のサ
リーが言った一言。子供の頃に皆一度は親から言われていたであ
ろう一言ですが、信頼されて言われるのなら嬉しいでしょうが、
そうでないなら実に嫌な一言です。子供が親の出来上がり具合に
気がつくまでしか使えないし、使い所もよく考えたほうが良い一
言ではないでしょうか。よくできた親から言われるとプレッシャ
ーになるし、出来なかった親から言われたらあなたにそれを言え
るのかと。
 子供たちが主人公ですが、そのセリフには色々と考えさせられ
るものが多いです。著者が大変大人なのだから、当然といえば当
然ですが。

ーーーーー








ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 00:00| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする