最近の記事

2013年10月13日

読書録「飲食男女」4


読書録「飲食男女」4

著者 福永光司、河合隼雄
出版 朝日出版社

P81より引用
“命を全うするといったって、生き物を全部殺さないというよう
なことは、あり得ないことです。簡単に言えば、命を最上の価値
にして、どこでバランスを取るかという問題になってくるわけで
す。”

 中国哲学者と臨床心理学者による、老荘思想について対談形式
で書かれた一冊。
 道についてから老子、荘子の名言集まで、読みやすい大きな字
で書かれています。

 上記の引用は、戦争を道教的にどうとらえるかについて書かれ
た一文。何事も程々がいいということでしょうか、他の生命を奪
わないように気をつけすぎると疲れてしまうでしょうし。
 老荘思想とその他の思想との共通点なども書かれていて、大切
な考え方は似てくるものなのかもしれないと思いました。

ーーーーー





ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 00:00| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする