最近の記事

2013年10月09日

読書録「アジア赤貧旅行」1


読書録「アジア赤貧旅行」1

著者 下川裕治
出版 徳間書店

P283より引用
“村で生きていくのに必要なのは、昔ながらの米をつくる知恵と
食事をつくる能力ぐらいなものだった。それは十歳の少年でもこ
なせるほどのことだった。そして脳の発達はその年齢で停まって
いた。村にはそれ以上の知的な刺激も情報もないのだ。五十歳の
父親は十歳の脳を持っていた。”

 旅行作家である著者による、アジア旅行記。
 香港からバングラデシュまで、お金を使わない旅の楽しさと苦
しさにあふれた一冊。

 上記の引用は、エピローグでの一文。
子どもと同じ十歳から米を作り始めたとして、五十歳になるまで
四十年。その四十年の自然との付き合いの経験を、全く無視した
一文だなと思います。
この後自分の脳も子供に戻っていったなどと書いてありますが、
ものの喩えとしても、失礼な話だなと思いました。

ーーーーー





ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 00:00| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする