最近の記事

2013年09月04日

読書録「日本の歴史人物高座」3


読書録「日本の歴史人物高座」3

著者 桂文珍
出版 PHP文庫

P94より引用
“無駄な争いごとからは身を退くわけですね。これが長生きする
コツやないかと思います。”

 落語家である著者による、歴史上の有名人を面白おかしく解説
した一冊。
 織田信長についてから大石内蔵助まで、落語を聞いているよう
な語り口で書かれています。

 上記の引用は、前田利家について書かれた章での一文。
うまいこと引き上げる事が出来ればいいのですが、状況に応じて
の立ち回りに自身が無いのであるならば、最初から関わらないよ
うに気を付けるほうが大切に思います。
 書かれ方が落語調で、尚且つ関西風味なので、この辺が好みの
分かれどころなのではないでしょうか。堅苦しくなく気楽に歴史
に触れられるので、学生の頃に歴史が嫌いだった人でも、読みや
すい一冊なのではないかと思います。

ーーーーー







ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
ラベル:人物 歴史 桂文珍
posted by 出雲一寸 at 23:00| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする