最近の記事

2013年09月03日

読書録「ファインマンさんベストエッセイ」5


読書録「ファインマンさんベストエッセイ」5

著者 リチャード・P・ファインマン
訳  大貫昌子、江沢洋
出版 岩波書店

P294より引用
“懐疑、すなわち心の中に不確かさをもつということは、科学の
進歩のために是が非でもなくてはならないものです。”

 ノーベル物理学賞受賞学者による、テレビインタビュー、講演、
エッセイを集めた一冊。
 心理を探して回る喜びについてから科学と宗教についてまで、
楽しく面白く鋭い意見が記されています。

 上記の引用は、科学の絶対条件について書かれた項での一文。
つねにものごとの理解について謙虚であり、この世に100パーセン
ト確実なものは一切ないという姿勢でいることが大切であると。
この一冊の中だけでも何度も同様の主張が出てくるので、これが
何よりも大切な著者の信念なのでしょう。
科学的懐疑主義の姿勢を持ち、今の状況を盲信せずに、より良く
生きていけるようにしたいと思います。
 偉大な科学者でありながら、講演の内容が書かれた章を読んで
いると、面白いおっちゃんみたいです。死してなお長く愛される
のは、このような雰囲気を持っておられるからだと思います。

ーーーーー





ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 23:00| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする