最近の記事

2013年08月13日

20130813近況

20130813近況

 お盆の法事で昼食は会席料理だった。

 午前中にお坊さんの読経を聞いて儀式は終了、その後食事処に
送迎のバスで移動して昼食をごちそうになった。
バスで移動といっても同じ町内、ものの5分程度で目的地につき、
皆が揃うまで待って食事開始。お盆で仕事も今日は全くすること
はないので、普段は飲むことがないアルコールも少々頂いた。

 まず始めに頂いたのはお刺身、新鮮な海の幸を生で頂けるとい
うのはとても有難いことだと思う。魚の種類は、まぐろ、鯛、は
まちとスタンダードな品揃えで、安心して美味しくいただきなが
ら、お昼からビールを頂く。
 昔から盆と正月はお休みの期間だったろうから、このときはお
昼から飲んでもあまり気がとがめることがない。まぁ、のんべえ
の人は、普段からお昼に飲むのにも具合の良い理由を持っている
ようなので、上手く気分よく飲んでいる様子。
私はほとんど飲めないけれど、飲めたら楽しそうだなとは思う。

 刺身の他に一緒に置かれていたのは、野菜の煮物、田楽と季節
の野菜を美味しく頂ける内容だった。その後もアユの塩焼き、天
ぷらと続いて、最後にそうめんとお寿司を食べ、果物で締め。
どの料理もとても美味しくて、法事であるのにしっかりと食事を
楽しんでしまった。

 私の住んでいるところはとても田舎なのだが、田舎は田舎でも
山田舎なので、昔なら海の幸を刺身で頂くようなことは無かった
のかもしれない。私が子供の頃にはもう十二分に交通網も冷蔵技
術も発達していたので、美味しいお刺身やお寿司を食べることが
出来るようになっていたのは、幸せなことだったと思う。
 祖父母たちが子供の頃は、海の魚を刺身で食べることはあった
のだろうか?いつごろから当たり前のように食べることが出来るよ
うになったのかは、わからないけれども、美味しく刺し身やお寿
司が食べられることを嬉しく思います。

ーーーーー







ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 22:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする