最近の記事

2013年08月29日

読書録「ヤマザキマリのリスボン日記」2


読書録「ヤマザキマリのリスボン日記」2

著者 ヤマザキマリ
出版 フリースタイル

p26より引用
“で、ものすごい集中力を発揮していまの家を見つけて引越して
きたのですが、ショックだったのは、ここの家の床も斜めだった
ってこと。”

 「テルマエ・ロマエ」でおなじみとなった漫画家の、ミクシィ
とブログに掲載された日記をまとめた一冊。
 嫁姑バトルからテルマエ・ロマエを書くきっかけになったドラ
マとの出会いについてまで、日記らしい日常の写真とともに記さ
れています。

 上記の引用は、著者が住んでいた家についての一文。
向かいの家は壁も斜めだったそうです(笑)。少し前にビー玉を
置くと転がるような欠陥住宅がニュースで話題になっていました
が、それが当たり前だと案外誰も文句を言わなくなるのかもしれ
ません。これがいわゆるデファクトスタンダードというやつでし
ょうか?
 床の傾きで思い出すのは、私の実家の部屋の扉。欠陥住宅だか
らではなく、年数が経って古いからですが、地震の度に扉の開閉
のコツが変わってしまって、大変扱いが難しいシロモノです。
しかし、20年以上も付き合っていると、すっかり慣れてしまうも
ので、今度の癖はなかなか厳しいものがあるな、などと思いなが
ら笑っていられるものです。今では味わい深いとさえ思えるよう
になりました。

ーーーーー







ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 23:00| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする