最近の記事

2013年07月05日

20130705近況、読書録「テルマエ・ロマエ6」5

20130705近況、読書録

 繁忙期です、とてもしんどいのに、家族はもっとしんどい思いをし
なさいといいます。とほほ。




ーーーーー

読書録「テルマエ・ロマエ6」5

著者 ヤマザキマリ
出版 エンターブレイン

p183より引用
“人生が産湯に始まるからには、その理想的な終焉もできればお湯
の中。浴場文化を、そして温泉を愛した古代ローマ人にとって人間
の一生と切り離せないお湯のあり方を、恐らく一番深く理解できる
のは我々日本人なのかもしれません。”

 古代ローマの浴場建築技師を主人公とした、浴場文化をテーマと
した一冊。
 突然目の前から消えてしまった主人公ルシウスを想い、その行方
の手がかりを探す歴史学者さつき。手を尽くした物の八方ふさがり、
その時さつきの祖父鉄蔵は…。

 上記の引用は、幕間のエッセイでの一文。
お湯に浸かりながら気持ちよく死ねるのなら、なかなかいい死に方
かもしれません。しかし、死ぬ間際にお風呂を楽しむ余裕があると
は思えませんが。
 古代ローマと現代日本をお風呂がつないだ本作品も、これにて完
結。後日談の雑誌連載予告が書かれてあるので、気になる方は買わざ
るをえないでしょう。

ーーーーー


posted by 出雲一寸 at 15:55| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする