最近の記事

2013年06月23日

20130623近況、読書録「微視的お宝鑑定団」

20130623近況、読書録「微視的お宝鑑定団」

 お昼にアイスを食べる。
チーズケーキ味でアプリコットジャムの欠片が入っていて、濃厚
な一品だった。

 ここ最近になって、ようやく梅雨らしく雨が降って来た。それ
まではひと月くらい雨がなく、カサカサとした地面から土埃がた
ち、陸まりもがコロコロと転がっていきそうな感じだった。
 雨が恵みに感じられる年だけれども、それも大人しく降ってい
てくれている間だけ。カサカサだった所に一気に大量の雨が降っ
てきたので、地面に染み込みにくかったのだろうか、あちこちで
土が流れてしまってえらいことになってしまった。

 こんなふうに雨が降ってくれたおかげで、晴れ続きだった時に
比べて随分涼しくなった。湿気が多くて洗濯物が乾きにくく、家
事をされている方たちは嫌かもしれないが。
 しかし涼しくなったとしても、今は6月の終盤。それなりの気温
なので、アイスクリームを食べるととても美味しい。

 今日食べたアイスは自動販売機で買ったもので、コーンに入っ
ているタイプのもの。外側の紙をめくってしまえば全部食べるこ
とが出来るので、ゴミが少なくて助かる。買ってすぐ食べたので、
ゴミの量を気にすることもないのだけれど。
 ただその自販機に備え付けてあるゴミ箱が少々使いづらい、ゴ
ミを放り込む口が正直狭いのではないかと思った。ジュースの自
販機と同じくらいの口の大きさで、簡単に放り込めなくて具合が
悪い。

 多分、その他の余計なゴミを放り込まれにくくするためなのか
もしれないが、アイスのゴミを放り込むので、その口の周りがベ
タベタになっていて、うっかり手についてしまうと洗う場所がな
いのでやっかいで困ってしまう。
 ゴミの分別の関係もあるのかもしれない。いつも思うのだけれ
ども、分別の必要がないように、自販機の中身を同じ分類のゴミ
しか出ないように揃えてしまえばいいのにと思う。

 まあでも、それぞれの材質の得意な使われ方とかがあって、一
つに統一することは難しいのかもしれません。





ーーーーー

「微視的お宝鑑定団」3

著者 東海林さだお
出版 文藝春秋

p96より引用
“コンビニやチェーン店などにはマニュアルがあって、「ヨロコ
ンデ」などと心にもないことを聞くよりよっぽどよかった。”

 漫画家でありエッセイストである著者による、日常のありふれ
た物事や非日常的な出来事について書かれたエッセイ集。
 台所用品についてから日本一の居酒屋についてまで、対談を交
えて書かれています。

 上記の引用は、とある町の商店街に行った回での一文。
定食屋の主人が無口というか一言もしゃべらなかったことの感想
ですが、一言もしゃべらなくても潰れないという事は、多分本当
に美味しい店なのでしょう。心ない言葉とマニュアル通りに動く
だけの仕事は、近い将来ロボットに取って代わられてしまいそう
な気がします。





ーーーーー

「幸福らしきもの」4

著者 原田宗典
出版 集英社

p10より引用
“幸せは歩いてこない。だからといってこちらから歩いていって
も、幸せに出会えるわけではない。じゃあどうすりゃいいのかと
言うと、立ち止まって自分の周囲をよく観察してみればよい。”

 コピーライターである著者による、身の回りにある小さなしあ
わせをテーマにしたエッセイ集。
 水のある幸せからスポーツ観戦についてまで、面白おかしく書
かれています。

 上記の引用は、最初の一話、水がある幸せについて書かれた中
での一文。大きな幸せに向かって歩き続けるのは大切だろうと思
いますが、近くの小さな幸せを見つけながら少しずつ進むのも悪
くないように思います。
 身近な事が話題の中心なので、実に共感しやすい一冊となって
います。その中でも特に、トイレの話について、私は何よりも同
意してしまいました。





ーーーーー

「楽天のススメ」3

著者 原田宗典
出版 小学館

p12より引用
“自分が自然派であるなんてかっこつけて言うつもりは微塵もな
いが、自然というのは人間にとって結構不潔だったりするものな
のである。”

 コピーライター、エッセイスト、小説家、劇作家と多方面で活
躍する著者である、日常の出来事を描いたエッセイ集。
 なりたかったものについてから創作の秘密についてまで、面白
おかしく書かれています。

 上記の引用は、台湾に旅行した時に感じたことを記した項での
一文。清潔にしすぎることで、かえって健康を害してしまうこと
もあるようなので、何事もほどほどにしておきたいものです。
 気楽な文章で読むのが楽しい一冊ですが、至極まっとうな事を
言っておられる所も多いです。





ーーーーー

「テルマエ・ロマエ5」3

著者 ヤマザキマリ
出版 エンターブレイン

p104より引用
“風呂文化と同様に、日本におけるマッサージ技術の多様性もま
た他の国に類を見ません。”

 古代ローマの浴場建築技師を主人公とした、浴場文化をテーマ
とした一冊。
 突如旅館に乱入してきた馬をなだめ、裸馬のまま乗りこなすル
シウス、その姿を見た古代ローママニアの歴史学者・さつきは…。

 上記の引用は、幕間のエッセイでの一文。
按摩から始まりオイルを使ったインド式のものまで、確かに色々
な種類のものが日本では受けられるようです。仕事の関係で旅行
へ行くと、一緒に行った人達はよく按摩をしてもらっていますが、
くすぐったがりの私はいつもうらやましそうに見ているばかりで
す。
 今までに無いほどシリアスな展開で、目が話せません。

ーーーーー










ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 22:10| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする