最近の記事

2013年02月28日

20130228近況、読書録「知っておきたい日本の神様」

20130228近況、読書録「知っておきたい日本の神様」

 ゲームをクリアする。
グランディアエクストリーム、少し前に遊んだグランディア3の一
つ前の作品になるのだと思うが、てっきりこちらの方が後発だと
勘違いしていた。
 しっかりとパッケージなどを見ていれば、エニックスとスクウ
ェアが合併する前の作品であることに気がつけたのだが、見落と
してしまっていた。

 戦闘システムはシリーズで共通していて、時間の流れと敵の行
動に合わせて戦略的に戦うことを強く求められるもの。
RPGをプレイする上で多くの時間を割くことになる戦闘を、面白く
楽しく過ごせるというのはとても大きな長所だと思う。
 キャラクターの成長も楽しめる作りになっている、キャラクタ
ーと言うよりは、付け替え可能なスキルを育てて楽しむ方に重点
がおかれているように思う。キャラクターの特色は伸びやすい能
力と、装備できる物の違い、スキルを装備するために必要なブッ
クと呼ばれるアイテムと魔法を使うために必要なマナエッグと呼
ばれるアイテムの装備できる数、これらによって出されている。
あとは個々の必殺技。

 マナエッグの合成で魔法は強くなっていき、持たせる魔法とス
キルの組み合わせで、同じキャラクターでも全く違った戦い方が
出来るようになるが、マナエッグとスキルブックの装備数が決ま
っているので、どうしても限界が出てくる。
 この辺をどう工夫するかにプレイヤーの個性が出て、楽しみが
広がるところなのではないだろうか。

 その他のシリーズと比べるのはどうかと思うが、先に遊んだ3は
シナリオとムービーをたくさん楽しむ作りになっていたが、今作
は戦闘とダンジョンを楽しむ作りになっているように思う。
 このため3と比べると、ダンジョンに滞在している時間が大変長
く、またセーブポイントもダンジョン内に無いため、一回のプレ
イ時間が長くなりがちになる。途中でダンジョンから抜け出せる
のだが、そこに行くまでの時間が長く、少し疲れることもあった。
 目の疲れや肩のこりが出やすい人は、途中で出られる所ででて、
マメにセーブして休むほうがいいかもしれない。まぁどのような
ゲームをするにしても言えることだろうけれども。

 一応シナリオはクリアしたようだけれど、まだなにかやり残し
た事があるような風になっていて、長く楽しむことが出来るよう
です。
 タップリの時間と根気の強い人にはピッタリの一本だと思いま
す。





ーーーーー

最近の読書

「知っておきたい日本の神様」4

著者 武光誠
出版 角川文庫

p11より引用
“病気回復の神様に商売繁盛のお願いをしても、神様を困らせる
だけである。”

 日本の各地でまつられている、神社と神様について記された一
冊。
 身近な神社のルーツについてからお参りの旅についてまで、数
々の図表を交えて書かれています。

 上記の引用は、はじめにの中の一文。
何かを相談する時は、相手の得意分野に合わせるのが大切なよう
です。神様であったとしても、苦手な分野があるというのは何だ
か人間臭い話です。
 巻末に索引とともに、御利益別の神社一覧が掲載されているの
で、お参りするときの参考に便利なのではないでしょうか。





ーーーーー

「アメリカ・インディアン笑って生きる知恵」3

著者 エリコ・ロウ
出版 PHP文庫

p62より引用
“人生も同様で、それまでの生き方でつまずいた、嫌気がさした
からといって、いきなり方向転換して、遅れを取り戻そうと駆け
出せば、同じ失敗を犯すことになりかねないのだ。”

 在米ジャーナリストである著者による、アメリカ・インディア
ンの叡智の一部を記した一冊。過去同社より刊行された、「アメ
リカ・インディアンの知恵」改題版。
 心の洗濯についてから自然からの学びについてまで、あっさり
としていながら味わいのあるイラストと共に書かれています。

 上記の引用は、人生に迷った時について書かれた項での一文。
たとえ今までしてきたことが嫌になっても、それまで培ってきた
経験を全て無駄にしてしまうような動き方は、もったいないと思
います。
 苦しい時代があったにもかかわらず、それを笑い飛ばせるとい
う強さが、いつか身に付くようにしたいものです。

ーーーーー










ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 21:06| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする