最近の記事

2013年02月15日

20130215近況、読書録「眠れないほどおもしろい…」

20130215近況、読書録「眠れないほどおもしろい…」

 ゲーム「ジェネレーション オブ カオス」クリア。
しっかりとまとまった面白いゲームだった。

 ジャンルはシミュレーションRPGで、シミュレーションパートと
RPGパートがはっきりと別れた作り方がされている。シミュレーシ
ョンパートで手に入れた拠点を探索することで、アイテムや新し
い仲間が増え、キャラクターも成長するようになっている。

 シミュレーションパートの方は、城壁を強化したり商業を発展
させて収益を増やしたりとすることが多くて結構忙しい。
 しかし序盤は味方のキャラクターが少なかったり、資金が少な
かったりと色々障害が多くて出来ることが少ないのが難点。
周りがガンガンと戦闘に明け暮れているのを真似して、退屈しの
ぎに戦闘を仕掛けたところ、あっという間にゲームオーバーにな
ってしまった。

 仕方がないので序盤は味方勢力を増やしたり、静かに地力をつ
けて機をうかがうという地味なプレイになってしまった。
こちらが地味にこつこつとしているにもかかわらず、周りは常に
戦闘状態。こういう初期の我慢状態に耐えることが出来ると、そ
の後はとても楽しかった。
 序盤がこういう展開になったのは、主人公の勢力を選んでスタ
ートしたからかもしれない。最初から手勢が多い勢力を選んでい
たら、もっといきなり派手に立ち回れたかもしれない。

 RPGパートでのキャラクターの育成や仲間集めが、このゲームの
ウリの一つのように説明書には書いてあったが、私はRPGパートは
ほとんど活用しなかった。
 仲間集めをするにあたっては、他勢力のキャラクターを勧誘し
まくることで人数を揃えることが出来た。こうして引きぬいたほ
うが、戦力差が埋まりやすいというのもあって、一石二鳥の方法
だった。
 シミュレーションパートばかり遊んでいると、アイテムが全く
手にはいらないけれども、それでも特に苦労すること無くクリア
することが出来たので、好き嫌いでRPGパートは遊ぶかどうかを選
んでもいいのではないかと思う。こう考えると、実に自由度が高
いのかもしれない。

 クリアした後クリア勢力数が表示されたのだが、全部で21ある
との事だった。さすがに全部クリアするのは根気がいるので、次
のゲームに進むことにした。
 これといった不具合もなく、気持よく楽しめた一本でした。

 今日から始めたのは「グランディア エクストリーム」、先だ
ってクリアしたグランディア3と同系列の作品群の一つ。
エクストリームと大層なタイトルが付いているので、こちらの方
が新しいと思っていたが、3の方が後発作品であることに説明書を
見て気づく。ブログで書いた3についての話は、私の勘違いだった
のかもしれないと思い、恥ずかしく思う。もっとちゃんとパッケ
ージなどを見ないといけないですね。





ーーーーー

最近の読書

「眠れないほどおもしろい日本神話の物語」3

著者 鳥遊まき
出版 PHP文庫

p4より引用
“しかし、日本神話の最大の特徴は、なんといっても神さまと人
間の境界があいまいな点にあります。”

 まだなにも無い状態から始まる、日本が作られていく神話を分
かりやすく記した一冊。2006年に他社より出版された、「世界一
おもしろい日本神話の物語」改題加筆修正版。
 混沌とした状態からヤマトタケルの命についてまで、雰囲気の
良いイラストと共に書かれています。

 上記の引用は、はじめにでの一文。
神さまであっても、人と同じように楽しさや苦しさを感じていた
そうです。生きているのが苦しかったりするのも、当然の事なの
かもしれません。
 各項の最後に用語解説があるので、わからない名前や地名があ
っても安心して読むことができます。





ーーーーー

「忍者の謎」2

著者 戸部新十郎
出版 PHP文庫

p104より引用
“人格の完成を目ざせば目ざすほど、使用し難くなる術だからで
ある。”

 元新聞記者である著者による、忍者について書かれた一冊。
1995年に同社より刊行された、「忍者 戦国影の軍団」改題再編
集版。
 忍者の源流から江戸時代に大名になった隠密まで、忍者に縁の
ある場所などの写真とともに書かれています。

 上記の引用は、忍道を目指した忍者たちについて書かれた項で
の一文。どのような技術であっても、使い方を選ばなければ簡単
に盗賊に成り下がってしまうのかもしれません。
 忍術がシルクロードを通って伝わって来たという説が書かれて
いて、なかなかおもしろい話だと思いました。しかし、珍しいこ
とや変わったことが外から来たものばかりというのも、少々疑問
なのではないでしょうか。





ーーーーー

「マヤ文明・インカ文明の謎」4

著者 落合一泰、稲村哲也
出版 光文社

p69より引用
“だがインディオ側は、それまでの宗教観にキリスト教の教義や
十字架・洗礼などのシンボルをいち早く取り込み、「民俗的カト
リシズム」とよばれる合成的な宗教を作り上げた。”

 文化人類学者である著者二人による、マヤ・インカ文明につい
て書かれた一冊。
 遺跡のカラー写真から各文明の年表まで、詳しい解説と共に紹
介されています。

 上記の引用は、スペインの植民地政策について書かれた項での
一文。古くから伝えられてきた文化や宗教というのは、それほど
簡単に踏み潰されてしまうものではないのかもしれません。
 解説の文章と写真の量が半々位に思ってしまうほど、ふんだん
に写真が掲載されているので、写真を目当てに購入してもいいの
ではないでしょうか。

ーーーーー










ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 23:07| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする