最近の記事

2013年02月03日

20130203近況、読書録「BC!な話」

20130203近況、読書録「BC!な話」

 夕食に巻き寿司を食べる。
特に信じていないけれども、縁起がいいと言われている方向を向
いて食べた。

 毎年、ああまたやっているなぁと思いながら、節分の時期を迎
える。お寿司が好きなので食べることには全く問題ないのだけれ
ど、恵方巻きという習慣はどうにも疑問に思う。
 私が子供の頃にはこの習慣は無かったように記憶しているが、
いつの間にか昔々からあったかのように定着していた。
ひょっとすると私の住んでいる地域になかっただけで、他の地域
には伝統的にあったのかもしれない。

 何かの節目にごちそうを食べて、無事節目を迎えることが出来
たとお祝いするのは楽しいことだと思う。その時食べるメニュー
が巻き寿司であったとしても、美味しくていいと思う。
縁起のいい方向を向いて食べるというのも、いかにも有りそうな
感じがする。
 しかし一番不自然なのではないかと思うのは、太巻きを丸齧り
するというところ。これはどうもイマイチ納得しにくい、私が納
得しようがしまいが関係はないだろうけれども。

 細巻きや中巻の太さならば、簡単に口の中に入れることが出来
て、噛み切るのも噛み切りやすいと思う。しかし、太巻きを綺麗
に噛み切れる人というのは、よほど口の大きい人でなければ難し
いのではないだろうか。
 口の大きくない人は、端っこから少しずつ噛み切りながら食べ
るのだろうが、こうすると中身が上手く噛み切れなかったりして、
こぼしやすくなってしまう。あまり綺麗な食べ方ではないように
思うのだけれど、どうなのだろう。

 この丸かじりするために切り分けずに売られるようになったの
は、ある一時期に大量に巻き寿司を売るための、売り手側の手間
の軽減によるアイデアなのではないかと思う。
 切り分けた場合、包装にも手間がかかってしまい、時間だけで
はなくその他の経費も随分かかってしまうのではないだろうか。
 昔々からこの習慣があるのだとしたら、私のとんだ勘違いで間
違いだろうけれども。

 というふうに頭では考えてはいるけれど、それなりに楽しく巻
き寿司を食べられて、皆と同じ事をしているという安心感が得ら
れるのだから、いいんじゃないかなと思います。





ーーーーー

最近の読書

「BC!な話」4

著者 竹内久美子
出版 新潮社

p21より引用
“こうした卵をめぐる複数のオス(男)の精子どうしの争いは、
精子競争(スパーム・コンペティション)と呼ばれている。”

 動物行動学者である著者による、生物の繁殖・生殖に関する話
をまとめた一冊。
 魚の繁殖戦略から同性愛の謎についてまで、有名な学者の学説
と著者独自の理論が記されています。

 上記の引用は、精子競争について説明した一文。
生物というのは、生物として生まれる前の段階から競争しなけれ
ばならないものなのかも知れません。有性生殖する生き物は、こ
の世に生きていることが奇跡だといわれるのは、このへんから来
ているのではないでしょうか。
 著者独自の理論は大変エキサイティングで面白く、しかし、信
じ切ってしまうには難しい話です。けれども、本当かどうかはま
だまだ誰にも分からなさそうなので、読み物として楽しめればい
いのではないでしょうか。





ーーーーー

「賭博と国家と男と女」5

著者 竹内久美子
出版 文藝春秋

p51より引用
“しかしながらこういう点の取り方が、実はこれ以上の方法はな
いと言えるほど完璧なものだったのである。”

 動物行動学者である著者による、人間を人間たらしめた進化の
原動力について考察した一冊。
 アダム・スミスの考えについてから学問というものについてま
で、有名な学者の学説を元に著者自身の理論を展開させて書かれ
ています。

 上記の引用は、反復囚人のジレンマゲームのコンピュータープ
ログラム選手権大会における、とある単純明快な戦略についての
一文。付き合いが長くなるのであれば、その相手と上手くやって
行こうとすることが大切なようです。
 著者の説が正しいかどうかはともかく、読み物として大変楽し
く面白く読める一冊です。

ーーーーー










ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 22:30| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする