最近の記事

2013年01月20日

20130120近況、読書録「われ笑う、ゆえにわれあり」

20130120近況、読書録「われ笑う、ゆえにわれあり」

 昼食に豚玉丼を食べる。
卵と豚肉のしっかりした旨味が味わえる一品だった。

 ここしばらく苦しんでいた喉の荒れが、ようやく一段落してき
たようで、食事をしても美味しさを感じられるようになってきた。
 水を飲むのにも苦痛を感じていた頃に比べると、まさに天国と
地獄ほどの差がある。それでもまだ本調子では無いようで、飲み
込む時に食糧や飲み物を通す所が悪ければ、涙が出そうなくらい
痛む。まぁしかし、もう少しの辛抱だと思うと嬉しく思う。

 今日食べたものは豚玉丼と分かりやすく書いたけれども、よく
よく考えたら、豚肉を使った他人丼だなとあとから気が付いた。
他人丼といえば使うお肉は牛肉だったように思う、しかし私は豚
肉が好きなので、今日のどんぶりは好みにピッタリと合っていて
とても美味しかった。
 入っていた具材は、
豚肉
ネギ
玉ねぎ
卵と基本的なものだけ、これが少し濃い目のあまからつゆで味付
けされていて、ご飯がよく進む一品だったと思う。
 しかし、まだ口の中が本調子で無いので、大事をとっておかわ
りせずに食事を終えておくことにした。

 甘辛のつゆでとても美味しい所に、口の中が元気な時は七味を
少々ふりかけて楽しむところなのだけれども、今日はそれもやめ
ておく。体の調子が悪いと、楽しみが少なくなって本当に寂しい
思いをしてしまうということを、改めて思う。
 七味をかけて食べるのは断念したけれども、今日は荒れている
面積が少なくなったからだろうか、漬物を食べてもへばりつくこ
と無く美味しく食べることが出来た。やはり和食のお供として、
漬物を食べることが出来るのと出来ないのとでは、食事の美味し
さの深みが全く違ってくるのではないかと思うのは、私だけだろ
うか。

 痛みを感じる範囲の広さから言って、あと三日くらいで普通に
食事が出来るようになると思うので、油断しないように慎重に食
事を楽しみたいと思います。





ーーーーー

最近の読書

「われ笑う、ゆえにわれあり」4

著者 土屋賢二
出版 文藝春秋

p126より引用
“ただこの方式の欠点は、「あっ」、「しまった」、「間違えた
」、「もとへ」、「畜生」のような、入力時によく発する言葉が
そのまま入力されてしまうことであろう。”

 哲学者である著者による、周囲の身近な事柄についてひたすら
深くひねくれて考え抜いた一冊。
 禁煙についてから人気教授になる方法についてまで、論理的で
ユーモア溢れる文章で書かれています。

 上記の引用は、ワープロの入力方式における音声入力について
書かれた一文。私は持っていないのでわかりませんが、スマート
フォンのCMで、音声入力で検索している物がありました。この辺
の問題もどうやら解決されているようで、技術の進歩を感じます。
 シッカリ味わいながら読んだほうが面白く読めると思うので、
時間がある時に読むか、一日一話ずつ読むといいかもしれません。





ーーーーー

「心に夢のタマゴを持とう」5

著者 小柴昌俊
出版 講談社

p90より引用
“こういうふうに、自分の必要な情報というのをちゃんと選び出
すことができるわけ。これはね、大事なことだと思うんですよ。


 ノーベル賞受賞者である著者による、各地での講演等をまとめ
た一冊。
小学校での講演から大学卒業式での祝辞まで、読みやすい大きな
字で書かれています。

 上記の引用は、心のなかに目標のタマゴを持つことについて書
かれた項での一文。目標も目的も持たずに情報の中に飛び込むと、
時間を浪費するばかりというのは、インターネットに触れる方な
ら経験があるのではないでしょうか。
 全てのページに渡って、漢字に振り仮名が振られています。文
字の大きさといい、小学生からでも読めるように作られているの
ではないでしょうか。

ーーーーー










ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 21:58| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする